現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 1本10万円を切るか!? カーボン製ホイール量産化への道程|ダイハツ・コペン用

ここから本文です
カー用品 2018.9.28

1本10万円を切るか!? カーボン製ホイール量産化への道程|ダイハツ・コペン用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3.97kgの超軽量ホイール

カーランド バーデンにカーボン製の試作が登場!

    ダイハツ・東京ASにコペン&キャスト・ベースのコンセプトカーを出展

9月22日(土)~23日(日)に、愛知県安城市のカーランド バーデンで開催された「コペンフェスタ」で、ダイハツ・コペン用サイズのカーボン製ホイールの試作品が登場しました。

このカーボン製ホイールは、東洋紡が新開発した熱可塑性複合材料(CFRTP)の新素材が使われ、岡山にあるラピートがスタンパブル工法のプレス圧縮成形で製作した試作品で、今後は量産が見込まれているそうです。

カーランド バーデンで展示された試作品は、現行コペンの純正ホイールサイズと同じ(16inch×4.5J)で、同強度を実現しつつ、ノーマル比38%となった重量は、3.97kgになります。
この製品はカーボン製なのですが、アルミホイールの安全基準となっているJWL規格に合致する仕様とした場合でも、ノーマル比46%の軽量化となるとのこと。

量産化の際に販売を担当するカーランドバーデンの坂井マネージャーへ、コペンフェスタ前にインタビューしたモーターファンによると、「販売価格は今回のイベントで採らせていただくアンケートを参考に決めたいと思いますが、1本10万円はしない価格帯で販売したいですね。また、デザインやカラーリングも検討中です。カラーリングするとカーボンの素材らしさが見えなくなったり、そもそも塗装が難しい素材なので、試行錯誤しています」ということです。

ホワイトに塗装されたタイプも検討されているようです。
製品版はどんなデザインになるのか、そしてカーボン製ホイールはどんな乗り味になるか、楽しみです。
今後も注目していきたいですね

カーランド バーデン


ラピート


東洋紡


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ドレナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します