現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 【動画】排気バルブで音量をコントロール 「レクサスLC500用フルエキゾーストシステム」

ここから本文です
カー用品 2018.9.10

【動画】排気バルブで音量をコントロール 「レクサスLC500用フルエキゾーストシステム」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで芸術品のような美しい仕上がりに官能的なV8サウンドを盛り立てる逸品

GT系ハイパフォーマンスモデルはもちろんのこと、旬のSUVからミニバンまで車種を問うことなく高性能かつファッショナブルなスポーツマフラーをリリースする「ジースプロジェクト」。発売されたばかりの新型車種であってもワンオフマフラーの製造ノウハウを活かして、すぐに対応できるのがジースプロジェクトの強み。このレクサスLC500も初めて手掛ける車種だが、完成度の高い仕上がりを見せている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

オール60φのフルデュアル構造を採用

LC500に搭載されているのはV8の5リッターNAエンジン。純正の排気レイアウトは左右各バンクのエキゾースト・マニホールド以降を独立させたフルデュアル構造が採用されている。ジースプロジェクトが製作したのは、純正と同じレイアウトのフロントパイプ+中間パイプ+リヤピースマフラーのフルエキゾーストシステム。純正は60φフランジ+54φパイプを使用しているが、すべて60φにしてフロントパイプにスポーツ触媒を加えることでスムーズな抜けを確保している。

排気バルブの開閉によって音量をコントロール

そして注目したいのが排気バルブを加えたリヤピースマフラーだ。純正マフラーにも排気バルブが装着されているが、バルブが開いた状態でもそのサウンドはちょっと迫力不足で物足りない。そこでジースプロジェクトではサイレンサーに繋がるパイプをデュアルに振り分け、片方はサイレンサーを通過させることなくそのままテールエンドになっている。

そしてそのパイプには排気バルブがセットされておりバルブが開いた際には排気ガスは直管ストレートで抜けていくわけだ。排気バルブを開閉させているのは、エンジンサージタンクから負圧を導いた電磁ソレノイド。室内にセットしたスイッチで走るステージに応じたサウンドの切り替えを可能している。

アグレッシブなサウンド&リヤビューを実現!

LC500はマフラーカッター付きのリヤバンパーなので、マフラーのテールエンドは見えない。しかし、このLC500はトムスのリヤアンダースポイラーに交換されており、テールエンドはそれに合わせたチタン製90φの4本出し。アクセルを踏み込んだ際にはレーシングカーを彷彿させるスリリングなサウンドを奏でている。この排気バルブ付きリヤピースマフラーは競技用になるが、ストリートで心地良いサウンドを楽しみたいなら排気バルブなしの車検対応タイプをセレクトすればいい。

レクサスLC500用エキゾーストシステムリアピース/¥268,000(車検対応モデル)リアピース/¥398,000(排気バルブ付き競技用)中間パイプ/¥139,000フロントパイプ/¥199,800(スポーツ触媒付き)フロントパイプ/¥99,800(ストレートタイプ)ジースプロジェクト TEL0568-29-6701http://www.zees.co.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します