現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > スバルオーナー必見!400台が集結した『レガレヴォセッションズ2018』で見つけたオーナーカーをチェック!~その1:4代目レガシィ編~

ここから本文です
カー用品 2018.8.25

スバルオーナー必見!400台が集結した『レガレヴォセッションズ2018』で見つけたオーナーカーをチェック!~その1:4代目レガシィ編~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月24日富士スピードウェイのイベント広場で開催されたスバル・レガシィ、スバル・レヴォーグの大規模な「オフ会」。そのルーツは2005年に開催されたレガセッションズです。この名前は、レガシィのセッションということでつけられたモノで、みんカラなどでレガシィをきっかけに集まったグループ同士が一堂に会する=セッションするというコトから生まれた名称でした。その始まりから分かる通り、あくまでもイベントではなく、オフ会という位置づけですが、時を経てレヴォーグも加わった参加台数は、400台! その規模はもう個人主催のオフ会ではなく、企業が企画するイベントに匹敵すると言っても良さそうです。そういうワケで、オフ会の合間のイベントより、オフミに参加したオーナー車にフォーカスを当てて紹介していきます。その1回目はいまでも根強い人気を誇る4代目レガシィBP/BL編です。日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞していますね!

ブリッツェンのエボモデル的なモディファイを狙う

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

ワンオフをせず既成品でのマッチングで攻めるのがコンセプト。ブリッツェンならではのプレミアムレッドのボディにキャリパーはカワサキのライムグリーン。ホイールのインナーにADVANステッカーのワンポイントがワザありだ。ホイールは9.5+45をスペーサーで前30ミリ、後23ミリにアジャスト。

新車で買ったグレーのB4の愛車は趣味グルマとなりトランスフォーム

オリジナルのプレスラインを尊重したコダワリの60ミリワイドフェンダーで収めたホイールは、ロティフォームSIXのフルブラッシュ。サイズは10.5J、インセット0/-10。WRブルーと思いきやキャンディをプラスして全塗。ネオンイエローのエンドレス6ポットもアクセントに。リアは片側デュアル排気もキマる。内装は後席はもちろん天井、ピラー周りまで渋色選択したフルブリッドなのがさすが。

9.5J+45サイズならディープコンケイブを楽しめる!

BPに純正アームのまま、深い逆反りの9.5J+45のTE37SLに、20ミリのワイトレを組み合わせる。下げっきりのブリッツZZ-Rに、以前は走り重視で前18K/後22Kのバネを組んでいたが、現在は前12K/後10Kのメイン、前60K/後50Kのヘルパーに変更しているそうだ。

USDMのアウトバックセダン? いえいえ2.0iタクシー仕様です……え!! タクシー?

タクシー仕様車をわかりにくい3.0R化け仕様からアウトバックセダン風へリアレンジ。ボディ色は往年のトヨタの2トーンをリスペクトしたもの。ホイールはレアなBBS CHの2ピース。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部 古川教夫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します