現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 次世代を睨む! 新型日産・リーフをチューン&カスタマイズ|ブリッツ

ここから本文です
カー用品 2018.8.31

次世代を睨む! 新型日産・リーフをチューン&カスタマイズ|ブリッツ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVカスタム新時代主役はリーフ

BLITZ LEAF

    リーフニスモ発売 航続距離50km減で手に入れた走る楽しさ

ゼロエミッションカーとして次世代を見据えるリーフ。そのリーフをベースに新しいカスタムのスタイルを創造するブリッツ。未来のカスタムのカタチが今ここにある。

ターボやスーパーチャージャーなどこれまでのチューニングパーツとは違う全く新しい試み。ブリッツは2018年のテーマ「チューニングの未来に向けて」として、電気自動車や自動運転技術などに向けて柔軟な対応で未来を見据えたチューニングを提案。その第1弾となるのが、この新型リーフなのだ。

空気抵抗を考慮したエアロダイナミクスを纏い、スロットルコントローラー、サスペンション、ビッグキャリパーキットに加え、試作となるサイドカメラを装備。流麗なフォルムで仕立てられるフロントバンパーは張り出された両サイドにL字形状でラインLEDをインストールするなど先進的スタイルを演出。次世代EVカスタムに対するブリッツの答えとなる一台だ。

フロントはバンパータイプでイメージを一新。別体風アンダースポイラーデザインを採用する。

張り出される両サイドの形状に合わせ、ラインで光るLEDをセット。今後のブリッツの顔となる。

サイドはアンダー部をカバーし、エンド部には走りを感じさせる大きく立ち上げるデザインを採用。

純正バンパーに装着し、EVらしからぬスポーティなリアビューを演出できるリアディフューザー。

リーフ用のビッグキャリパーキットIIはアルミ製4ポットキャリパー&300mmローターを採用。

ドアミラーの変わりに後方を映すサイドカメラを装着。今後主流になると考えられるアイテム。

サイドカメラの映像は室内のコンソール上部にセットする2画面の専用モニターで確認できる。

(スタイルワゴン 2018年3月号)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ドレナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します