現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > オートエクゼがマツダ絶版スポーツカー向けアップデートプログラムを発表

ここから本文です
カー用品 2018.8.8

オートエクゼがマツダ絶版スポーツカー向けアップデートプログラムを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

量産以上、チューニング未満をテーマに、ロードスター用スポーツマフラーから販売開始

クルマを操る楽しみを追求したマツダのスポーツカー、RX-7(FD)とロードスター(NA)。今回、マツダ車のチューニングパーツメーカー「オートエクゼ」が、そんな両車にむけて『アップデートプログラム』を発表。絶版スポーツカーに向けたチューニングをリスタートさせた。

    250万円は高額か否か、マツダのレストアプランで甦る初代ロードスター

彼らが訴えるコンセプトは”ストリートベスト”。オリジナリティをなるべくキープしつつ、要所に最新のアップデートを施こすことで、心地よいスポーツ感覚を追求した商品開発を行ってきた。

『アップデートプログラム』では、レスポンスとサウンドを磨いたステンレスマフラーやサスペンションキットを用意。他にも吸気系やブレーキパッド、ローター、クラッチ、LSDといったメニューもラインアップしており、”FD&NAの生涯現役”をバックアップする。

この『アップデートプログラム』は、2019年末までの期間限定生産を予定。アイテムは順次発表され、DIY派のためにオンラインショップでの取り扱いもスタートさせた。ずばり”量産以上、チューニング未満”というわけだ。

ロードスター用ステンレスマフラーから発売スタート

その第一弾は、ロードスター(NA)用『ステンレスマフラー』。70φストレートカットを採用するテールエンドを持たせた特別仕様(メインパイプ径:50.8φ)だ。排気抵抗が少なく高レスポンスを発揮する大容量ストレート構造サイレンサー、吟味されたメインパイプ径などにより、バランスの良い出力特性とジェントルなスポーツサウンドを創出する。

なお、『ステンレスマフラー』は、2019年12月末までの期間限定生産を予定とのこと。同社オンラインショップでの取り扱いも実施している。

今後もオートエクゼが展開する「FD&NAアップデートプログラム」の動向に注目したい。

オートエクゼhttps://www.autoexe.co.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hir*****|2018/08/09 08:22

    違反報告

    生涯現役がコンセプトなのに2019年末までの期間限定生産だなんて…
  • tam*****|2018/08/11 20:49

    違反報告

    アフターマーケットのあるマフラーとかより、ウェザーストリップ等の純正ゴムパーツや樹脂パーツを再販してほしい。旧車乗りはこれらのパーツ入手に一番苦労している。
  • osh*****|2018/08/12 23:57

    違反報告

    ディーラー系パーツメーカーは、全く解っていませんね。
    この程度のパーツ、誰も待っていませんし、売れるわけないです。
    アップデートしたい奴は、とっくにアップデートしてますよ。
    ユーザーが本当に待っている物は、生廃になった部品の再生産とディーラーのスキルアップです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します