現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ハイエースの乗り心地を根底から改善するカスタム TRDが作る新しいチューニングの形 試乗会レポート

ここから本文です
カー用品 2018.8.3

ハイエースの乗り心地を根底から改善するカスタム TRDが作る新しいチューニングの形 試乗会レポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荷物を運ぶためのクルマとしてはもちろん、キャンピングカーのベースとしても大人気のハイエース。ミニバンでは真似のできない圧倒的な積載量と使い勝手の良さは大きな魅力である反面、“業務用”ならではの乗り心地の悪さは、仕事などで毎日乗る人には、どうにかしたい部分ではないでしょうか?そんなユーザーに向けて、主に乗り心地の改善を目的としたショックアブソーバーセットと、メンバーブレースセットを開発、リリースしました。

下げることを目的にしないサスペンションチューニング

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

スペースの関係でストローク量が限られるノーマルショックを、可能な限り大径化し、内部のピストン径の拡大を狙いノーマルのツインチューブからモノチューブへと変更。
積載に対応したハードなスプリングの動きをしっかり減衰し、乗り心地を向上させています。

また、セットでの装着が推奨されているメンバーブレースセットは、ボディの変形や振動を解析し、テストの結果、もっとも効果が出る部分をピンポイントで補強することで、ボディの変形を抑え、足をきちんと動かすことで乗り心地に貢献します。

走行テスト

純正のハイエースとTRDのハイエースを乗り比べました。

これらの効果は乗ってみればすぐに体感できました。まずコーナー進入時の反応がよく、ノーマルよりもハンドル操作が忙しくない、という印象を受けました。
サスペンションはもちろん、ホイールもノーマルより軽く強いアルミホイール「TF7A」に交換されていることもコーナー反応に一役買っていることでしょう。

肝心な乗り心地も、路面からの突き上げがガツンと来ていたノーマルに対し、その角が丸められたというのか、カツン、くらいのマイルドなものに変わっていて、特にリアシートの乗り心地はかなり改善されていました。これなら毎日道具として使う人や、遊び道具を積んで出掛けるファミリーユースでも乗り心地への不満は大幅に減少しそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します