現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 無限が作るシビック あえてType Rを外すHONDA直系ワークスブランドのこだわりとは? 試乗会レポート

ここから本文です
カー用品 2018.8.3

無限が作るシビック あえてType Rを外すHONDA直系ワークスブランドのこだわりとは? 試乗会レポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無限のシビックと言えば……誰もが想像するのはタイプRでしょう。しかし、その前に発表されたのがハッチバック。スポーティなクルマには乗りたいけれど、タイプRほどでなくてもいい……そんなユーザーに訴求するアイテム構成となっています。

適度なスポーティ感

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

コンセプトは、シビックの良さをスポイルすることなく、いい部分を高めていく、というもの。ラインナップの中心となっているエアロパーツも、そんなコンセプトでデザインされていて、派手になりすぎることなく、適度なスポーティ感がプラスされています。

スタイリングへのこだわり

スタイルへのこだわりはホイールにも及んでいて、装着されている「MDC」はハッチバックのデザインにもっとも合うスタイルを追求してデザインされた専用ホイールです。

取材車には他にも、スポーツエキゾースト、クイックシフター、ブレーキローター&パッドなどの開発中のパーツも装着されており、それらも合わせて楽しむことができました。装着はされていませんでしたが、ホンダセンシングにも対応するスポーツサスペンションも現在、開発中とのことです。

適度なスポーティ感が気持ちのいい仕上がり

走ってみると、やはりクイックシフターのクイックかつしっかりしたシフトフィーリングが印象的です。ややオフセットしたノーマルのシフト位置が修正されているので、操作性も向上しているのが効いているのでしょう。

ブレーキは初期制動よりもコントロール性重視のキャラクター。それでも制動力の立ち上がりは早いので、街中での使いやすさがイメージできました。スポーツマフラーは見た目のインパクトに比べると、音量はかなり控えめ。迷惑を気にすることなく楽しめそうです。現状でもコンセプトに違わぬ適度なスポーティ感が気持ちのいい仕上がりですが、ここにサスペンションが追加されたら……リリースへの期待が高まります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します