現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > オールシーズンタイヤの利便性をアピール、日本グッドイヤーが2018年下半期の戦略を発表

ここから本文です
カー用品 2018.7.30

オールシーズンタイヤの利便性をアピール、日本グッドイヤーが2018年下半期の戦略を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールシーズンタイヤの生みの親でもある「ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーカンパニー」の日本支社、日本グッドイヤーが2018年下半期の戦略発表会を開きました。

この日、アナウンスされたのは、オールシーズンタイヤのベストセラー「ベクター4シーズンズ」とその進化版「アシュアランス・ウェザーレディ」、そしてスタッドレスタイヤ「アイスナビ7」。なかでも力が入っていたのはオールシーズンタイヤで、ドライ路面から積雪路面までを1本でカバーしてしまう利便性をアピールし、非降雪地域の足として普及に努めていくとのこと。今年はサイズバリエーションも増え、人気のSUVについても対応できるようになっています。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

関東地方などでは毎冬、数日間だけの積雪に悩まされますが、「スタッドレスを買うほどではないが夏タイヤでは不安」と考えるユーザーがオールシーズンタイヤを選ぶケースが急増しているそうです。グッドイヤーの「ベクター4シーズンズ」「アシュアランス・ウェザーレディ」では、静粛性や耐摩耗性、積雪路面でのグリップ力などを高め、1年を通じて安心して使えるタイヤに仕上がっているとのこと。「そろそろタイヤ交換しなきゃ」と考えている方は、検討してみる価値がありそうですよ。

(角田伸幸)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 角田伸幸)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hih*****|2018/08/01 11:35

    違反報告

    過去に何度かオールシーズンを検討した。
    問題は、通年履いていて雪道性能がどれだけもつのか?ってこと。
    冬前に装着して次の冬まで(2冬)なら大丈夫なのか、それとも3冬イケるのか?
    乗り方次第ではあるが、スタッドレスを3~4冬持たせられる走行距離の人にとって
    2年程度でプラットホームが出てしまうようなら、あまりメリットは無いんじゃない?
    スタッドレスでも3年目以降はそれなりに性能低下を実感するのに、オールシーズンの3年目だと精神衛生上も良くないと思う。
    ま、夏タイヤで雪道を塞ぐ人が減るなら、それはそれでイイけどね…
  • oku*****|2018/07/30 18:13

    違反報告

    グッドイヤーがどんなに宣伝に投資しようともオールシーズンタイヤが売れる事は無いでしょう。日本の気候風土、日本人の性格では年に何回かある小雪の為に一年中、オールシーズンタイヤを履いているという発想が無いでしょ。
    しっかり降雪する地域はスタッドレス必要だし、たまにしか雪降らないところはサマータイヤ使っている。
  • luc*****|2018/08/21 21:02

    違反報告

    オールシーズンタイヤは夏も冬も中途半端な性能な上、五分山でプラットフォームが出てスタッドレスとしての寿命が来て後は夏用タイヤとしてしか使えないという事実をこのタイヤを履いている人のどれだけが認識しているのか。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します