現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > あのジムニーのサイの謎に迫る!?|新型スズキ・ジムニー

ここから本文です
カー用品 2018.7.28

あのジムニーのサイの謎に迫る!?|新型スズキ・ジムニー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイはサイでもインドサイ

あのサイのイラストの謎に迫る!

    新型ジムニー&ジムニーシエラ試乗 世界に自慢したいニッポンのオフローダー

新型ジムニー、ジムニーシエラのディーラーオプションに登場するサイのイラスト。

よろいを被ったような姿はずばりインドサイなのだが、そのインドサイの持つ力強さを上手く模式化したセンスに、感心を覚えるほど。

しかし、このサイのイラストを目にした時に、懐かしい! と思わず口にした方は、40代以上のはず。

というのも、このイラスト、実は新型ジムニーシリーズで採用されたのではなく、1981年に2世代目(SJ30系)がデビューした際に、スペアタイヤカバーに描かれていたもの。

当時、リアゲートにスペアタイヤを配置することは、ヨンクらしさの象徴であり、そのスペアタイヤにカバーを被せることがファッションとして愉しまれていた時代。

もちろん、ただの黒いカバーを付けるのではなく、そこに描かれたイラストで個性をアピールする、半ばステッカーを貼るといったファッション性を愉しんでいた。

当時のディーラーオプションには、様々なタイプのタイヤカバーが用意され、そこには選ぶ愉しさがあったほどだ。

さて、このサイのイラスト、作者不明という噂も流れているようだが、実はスズキ社内のデザイナーが描いもの。サイの力強さがジムニーのタフさとがリンクし、それをイラストに表現したとのことだ。

オプションで選べる!

サイのイラストが使われているパーツを紹介

※新型JB74ジムニーシエラのアクセサリーカタログより

(ドレナビ編集部)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ドレナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します