現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > メルセデス・ベンツGクラスのモンスターをラッピングでアプローチ

ここから本文です
カー用品 2018.7.25

メルセデス・ベンツGクラスのモンスターをラッピングでアプローチ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストリートをダイナミックに舞う「G550フォーバイフォースクエアード」

純正モデルでメルセデスが生み出したモンスターカーの数少ないうちの一台が「G550 4×4スクエアード」であることに異論はないだろう。そんな至極のメルセデス・ベンツGクラスのカスタム仕様をついにキャッチ。手がけたのは、インポートカーメイクの精鋭が集う「ボンドカーズ浦和」だ。

    SCOOP! 「スズキ・新型ジムニー」を日本最速でアゲ系ドレスアップ!

2015年のドイツ・ジュネーブでこの怪物は世界に送り出された。見慣れていたはずの”G550″のはずだが、妙に背が高い。22インチホイールと325/55タイヤを装着したことによる最低地上高460mmのビッグフットスタイルは、当時”GチョロQ”と愛称が与えられたスペシャルな存在。今回の1台は、日本への配車台数も限定されたこの「G550 4×4スクエアード」のカスタムバージョンということ。これは気になる。

「ボンドカーズ浦和」が手を加えたのはラッピングを軸にした展開。フロントアンダーガード、フロントバンパーステー、グリルのフロントセクションに始まり、サイドステップボード、リアアンダーガード、タンクガード及びタンクガードステー、リアツインチューブガードのボトムセクションをマットグレーでラッピング。カーボンを生かした色調補正で、標準モデルが持ち合わせている異様な迫力を上書きしているではないか。思えば「G550 4×4スクエアード」のフロントフェイスはメッキの妙なテカリ感が不釣合いであった。渡河能力が云々といったアドベンチャー性など、どこ吹く風なアーバンアプローチ。メイクを担当した「ボンドカーズ浦和」のスタッフの解釈はさすがの押え方だ。遊びと実用のボーダーライン。怪物を相手に大人なアプローチはGカスタマーたちの4×4スクエアード感をいい意味で裏切る手法だった。

bondcars URAWA×G550 4×4 Squared

各部ラッピング(フロントバンパーステー/フロントグリル/サイドステップ/フロント&リアアンダーカバー)、ヘッドライト・インナーブラック、電動サイドステップ、純正流用シートベルトレッド、ステアリング加工、サイドダクトカーボン、ナンバーブラケットカーボン、ヘッドレストモニター

ボンドカーズ浦和 TEL048-851-4411http://www.hosokawa.co.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Only Mercedes編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します