現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 新型でしか存在しない「パナメリカーナグリル」を持たせた先代メルセデスAMG G63

ここから本文です
カー用品 2018.7.12

新型でしか存在しない「パナメリカーナグリル」を持たせた先代メルセデスAMG G63

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・カスタムの名店が手がけたコラージュカーボンとの最強コーディネート

一部の最新AMGが採用する縦格子状のフロントグリル。この強烈な押し出し感を持つ「パナメリカーナグリル」の存在感が、スタンダードのメルセデスでは味わえない独特の個性で注目を集めている。そして、ここに新型でしか存在しないパナメリカーナグリル顔を持たせた従来型のG63。その姿をキャッチすることができた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

遂に新型の登場で注目を集めるメルセデス・ベンツGクラス。「変わらない、変わらない」の声が響く新型でも、一目で「変わったじゃん!」と言われるのがAMG G63でも採用されたパナメリカーナグリルだ。フェイスの印象が大きく変わるスタイルアップを手がけたのは「青山ピットイン」。風格ある佇まいには、サイドモールの先端やステップに設けた光モノで遊びゴコロもさり気なく導入し、キャラクターに深みを生み出していた。

また、ホイールやサイドのデカールなど、細部をエディション仕様へとモディファイ。ボディはマットカラーのラッピングが施されているのかと思いきや、これがなんと純正色だというから驚きだ。しかもよく見るとマットブラックにはグリーンのラメが細かく散りばめられていて、光の当たり具合で表情を変える、なんとも艶やかな色彩なのである。

だが、そのぶん色合いの再現がとても難しいという代償がある。新型Gをモチーフにしてセットアップしたパナメリカーナグリルに関していえば、本来はフレームをペイントしなければならないところを、上手く色合わせができそうにないので、そこは塗装済みの純正フレームを使って対応したほど手強い。

そして、見逃せないのがインテリアのカーボンメイク。明らかに通常のカーボン柄と異なる、大きくハッキリと浮き出ている折り目がなんともゴージャスだ。

このカーボン素材は「マンソリー」や「ハーマン」といった欧州トップチューナーが扱っているものと全く一緒。日本では「青山ピットイン」でしか加工できない、なんともレアなマテリアルなのだ。それをふんだんに使って極上の空間を演出したわけである。

青山ピットイン×AMG G63□エクステリア:ブラバス・G63エディション用フロントスポイラー、パナメリカーナ・フロントグリル、フェアリーデザイン・サイドカーボンLEDスポット、サイドステップLED、AMGエディション・サイドデカール□インテリア:青山ピットイン・BIGカーボンスペシャルインテリア、コードテック・フルLEDインテリア、iiDドリンクホルダー□フットワーク:AMGエディションホイール(10.5×21)、コンチネンタル・コンチクロス・コンタクト(295/40)、ジャメックス・スプリング□チューニング:カプリスト可変マフラー、PPE、PPT

青山ピットイン TEL.03-3402-7515http://www.aoyama-pitin.co.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Only Mercedes編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します