現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 発売直後のFC3S・RX-7で九州バトルへGO!! が、そのとき九州は・その1【OPTION 1985年12月号より】

ここから本文です
カー用品 2018.7.2

発売直後のFC3S・RX-7で九州バトルへGO!! が、そのとき九州は・その1【OPTION 1985年12月号より】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1985年10月、その後のチューニング史を一変させる「チューニング・ベース車」FC3S・RX-7が発表されました。300km/hオーバー達成、ゼロヨン(DRAG)新記録樹立、レースの世界でも大活躍…と、FCセブンは発売以降、数々の偉業を成し遂げることになります。

でも、今回の記事は発表直後のため、チューンド版は1台も出現しておりません。

    1985年に新登場のFC3S・RX-7、ノーマルインプレッションはどうだった?・後編【OPTION 1985年11月号より】

(ほぼほぼ)時代を追ってOPTION誌のバックナンバーを紹介しているこの【Play Back The OPTION】。あと数号後には各チューナーさんの手によるスペシャルなチューンドFCが登場してきます。そんなFCセブンたちを読者の皆様に紹介できるんだなぁ~!なんて想うと、なんだかワクワクしてきます (笑)

の、その前に。Daiちゃんが広報車(記載はないけど、多分)を借り、Daiちゃんの生まれ故郷である九州へバトル相手を求めて旅をしたのですが…Daiちゃんって雨男? 嵐男?? 前置きが長くなりましたが、ではドーゾ!

・・・・・・・・・・・・

ドキュメント 新サバンナRX-7・嵐を呼ぶセブン<AM11:OO 関門橋>台風20号直下の九州、ニューセブンは強敵を求めて上陸した。

新型RX-7、その実力は真のスポーツカーだ。13Bロータリー+ターボのパワーはノーマルでもそこらのチューンドカーなど、お呼びじゃない。本拠地・広島からニューセブンは関門橋を渡るのだった。

【一番勝負】スーパーチャージド・トレノ by HKS九州サービス<PM2:30 九州自動車道>台風20号直撃前の九州の空は不気味な雲が凄いスピードで流れていた。

九州自動車道の宮崎方面は、まだ門司からは小倉東までしか延びていない(※1985年当時)。その一区間はクルマも少なく絶好の戦場だ。

一気に関門橋から小倉に殴り込んだセブンの一発勝負は、HKS九州サービスのスーパーチャージド・トレノだ。その4A-Gの特性は2000rpm辺りからの低速トルクにある。ステージ2仕様とはいえ、さすがHKSのボルトオンSC、物凄いレスポンスを発揮する。パワーチェックでは170ps弱をマークしているという。

こちらの新型セブンも低速トルクが向上している。25kgmのトルクをわずか3500rpmで発生するのだが、その秘密はターボトルク自体の他、低・高速に分かれたツインスクロール・ターボやダイレクト式インタークーラーなどにある。

もっともゼロヨンはほとんど目いっぱいの回転でクラッチミートして高速域だけ使うので、2000~3000rpmの低速はあまり関係ない。

しかし、この雨の中じゃ低速の強いSCトレノが抜群のダッシュだ。セブンはタイヤのスリップが激しい。台風の野郎が恨めしい。ドライならSCチューンでも1.6Lの4A-Gとタメの勝負と思うんだ。

そこで次は、高速勝負だ。こうなればセブンの相手じゃない。低速トルクが強力でもSCトレノじゃ、アクセルは踏めないゼ。カムがノーマルということもあり、6000rpm以上は頭打ちになるのだ。こちとら同じFR車でも4WS感覚の足だ。こんな路面でも安定している。150km/h以上でも片手ハンドルなのだ。で、まずは互角の戦果か。次はどいつだ!

<対戦相手>HKSスーパーチャージド・トレノ by HKS九州サービス外観はまったくのノーマル。ステッカーさえなければ、ただのトレノだ。エンジンはHKSスーパーチャージャーの4A-G用システム2仕様に設定されている。

SX1150のチャージャー本体に、PFC-Fコントローラー、大容量噴射ノズルを装備、ブースト圧0.6kg/cm2で173psをマーク。排気系はタコ足+ライディングスポーツマフラーで決めている。

<PM3:40パワーチェック> パワーチェックは93%を達成して合格一戦終えて注目のシャシーダイナモ・チェックだ。新ネット表示(※当時)なので計測値に近いはず。出たのは171.28ps。185psのメーカー値と93%近い差は、ほぼピッタリと見ていい。さすがセブン!

<オマケ!> マル秘のリミッター外しだゼ!新セブンにも当然のように100km/hチャイム、180km/hで作動するスピードリミッターが装着されている。絶対に外せないと言われているらしいが、某情報によれば、メーターパネルを外してしまえば作業はカンタン。メーター裏側を覗くと一目瞭然で100km/h、180km/hのコードが見えるはず。あとはこのコードを抜くだけでOKとか。コードはそのままでトラブルはないはずだ。

・・・・・・・・・・・・

台風付きの嵐では、いくら素性のよいFCセブンだとしても実力発揮とはいかなかった模様ですね(汗)。日を改めて…とはカンタンにはいかない取材スケジュール。チョイ残念です。さて、次回その2ではDaiちゃん、またまたバトル相手を見つけたようです。どんなマシンとどんな勝負をするのでしょうか? お楽しみに!

[OPTION 1985年12月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 永光やすの)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します