現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 電動化時代の必須テクノロジー「静かなタイヤ」を実現するトーヨータイヤの新技術

ここから本文です
カー用品 2018.6.30

電動化時代の必須テクノロジー「静かなタイヤ」を実現するトーヨータイヤの新技術

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的に電動車がブームになっています。エンジンを積むハイブリッドも電動車に含まれますが、エンジンを使わない領域が増えるほどに走りの静粛性が向上するのは、既存のハイブリッドカーでも実感するところです。

つまり、環境を意識した電動化ムーブメントは、その副次的な効果として静かで快適なクルマを多く生み出すと考えられています。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

そうしたトレンドは、タイヤメーカーにも影響を与えています。ロードノイズに対するタイヤの影響は大きく、静粛性が商品力となる時代には静かなタイヤが求められるからです。

「トーヨータイヤ」ブランドで知られる東洋ゴム工業が、新たに発表した技術『Toyo Silent Technology(トーヨーサイレントテクノロジー)』は、タイヤ空洞共鳴音を低減する効果を持つデバイスです。

これまでも吸音材をタイヤやホイールの内側に貼り付けることでタイヤ空洞共鳴音を低減するというアイデアは、タイヤメーカーや自動車メーカーにより実装されていますが、トーヨータイヤの新テクノロジーは、そうした既存の技術とは異なるアプローチなのが特徴です。

タイヤ空洞共鳴音が発生するメカニズムは、走行中のタイヤ変形により内部の空気が振動しているためです。今回、その空気の振動をシミュレーションした結果、タイヤ内部で周方向と垂直方向という2つの流れがあることを発見したといいます。

そこで、周方向・垂直方向いずれの流れにも対応するよう多孔フィルムと円筒状スポンジを組み合わせて山なり形状にしてタイヤ内部に貼ることでノイズを低減しようというのが『トーヨーサイレントテクノロジー』です。

具体的には、共鳴音の周波数帯においてマイナス12デシベルといいます。、つまりノイズは1/4になっているというわけで、非常に効果的なテクノロジーであることがわかります。

現時点では技術発表であり、具体的な商品化については未定となっていますが、市販タイヤへの採用が期待されるテクノロジーであることは間違いありません。

(山本晋也)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hid*****|2018/06/30 11:21

    違反報告

    どうですか?静かになりますよ!ってメーカー売り文句だけど
    少し静かになるだけ、無音になるのは皆無
    付加価値をつけて売りたいところだけど、金額に見合った成果が見られない
    スポーツタイヤや偏磨耗しているをつけなければ、ノイズはそこまで気にならない
    初めて走る道をナビを頼りにして運転しているドライバーからすれば
    おしゃべり同乗者の方がうるさい。
    ナビが聞こえないからだまっとれ!と言いたくなる
  • kog*****|2018/06/30 08:10

    違反報告

    静音タイヤは、他社でも試行錯誤を繰り返していますね。
    ダンロップの吸音スポンジやブリヂストンの溝パターンの静音設計など。
    車種にもよるし、路面の荒れ方にも左右されるので、ある程度のロードノイズは、仕方ないと思うので。
  • kc4*****|2018/07/01 08:55

    違反報告

    音もなく忍び寄る電気自動車。気が付かない歩行者。事故多発。車業界って車の事しか考えないの?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します