現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ハイエースの車高を瞬時に変えられる「エアサスペンション」に新ブランド登場

ここから本文です
カー用品 2018.5.12

ハイエースの車高を瞬時に変えられる「エアサスペンション」に新ブランド登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイドロに勝るとも劣らない上下幅と 乗り心地の良さをボルトオンで完成させる

トヨタ・ハイエースでスタイリッシュなカスタマイズを目指したり、カスタムしたハイエースを仕事でも使いたいというオーナーにとって、車高を瞬時に変えられるエアサスペンションは魅力的なアイテムだ。 そのエアサスペンションの分野に参入してきたのが「ダイナスティ」。完全ボルトオンでいつでもノーマルに戻せるという注目アイテムを取材した。

    カンタン装着!! 収納可能なベッドマットはラゲッジルームにも大変身



【Dynasty Evolution Suspension KIT】

トヨタ・ハイエースのローダウン手法として候補にあがるのが、簡単に車高を変化することができるエアサスペンション。様々なメーカーから登場し、価格的にもリーズナブルな商品も出てきたため、装着率は年々増加している。 そんなエアサスペンションの世界に新たにチャレンジした「ダイナスティ」。完全ボルトオンで、純正に戻すことも可能で、純正ショックをそのまま使用するので乗り心地も快適だという。また、通常のエアサスペンションの動作幅を大きく上回る上下動は、まさにハイドロリンクサスペンション並みという画期的なもの。 また、リアは7リンク式サスペンションに変更し、エアバッグを装備。写真のように着地並みの低さにくわえ、アゲ系並みのリフトアップも実現可能としている。これだけの上下動をエアサスペンションで可能にしたのが大きな特徴だ。

フロントはロアアームを専用パーツに交換し、そこにエアバックをセット。ショックは純正をそのまま装着することもできるし、撮影車両のようにアフターのショックブソーバに変更することもできる。そのため乗り心地もスポイルすることがなく、自分にあった足回りにセットアップすることができるわけだ。

リーフスプリングをすべて取り外し、そこに取り付ける完全ボルトオン設計。そのため、元にもどすことも可能なうえ、同じハイエースに乗り換えた場合でもそのまま流用することができる。

耐荷重性を考えて7リンク式サスペンション&Wエアバックとなったリアサスペンション。 今回の『エヴォリューションサスペンションキット』の大きな特徴は、乗り心地の良さと上下動の動きの幅、そしてドライブシャフトが常に真っ直ぐにセットできるようになっているので、動力をしっかりと伝えることができるということだ。リアのエアバッグはダブル方式を採用しているので、片側3tの荷重設定。縦に伸びていくエアバックを採用しているので好みのショックを装着することができる。

もっとも下げた状態と上げた状態は、これだけ大きく変わる。ハイドロリンクサスペンション並みに上下の動きの幅があるのが、このエアサスペンションのもうひとつの特徴。

SPECIFICATION エボリューションサスペンションキット ¥598,000+税 AIR LIFTシステムは上記価格にプラス¥200,000+税

ダイナスティ TEL0725-56-9999 http://dynasty.ne.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『HIACE style編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します