現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 210系クラウン用へビジネスシーンでも映えるエアロパーツが誕生

ここから本文です
カー用品 2018.4.13

210系クラウン用へビジネスシーンでも映えるエアロパーツが誕生

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇的な変わり映えよりもスマートに デキるオトナを演出する「ジェントルマン」

大阪のクラウン専門店である「カーリラックス」。そのオリジナルパーツブランド『バカンス』より210系のトヨタ・クラウンアスリート用のエアロパーツがリリースされた。 シリーズ名は『ジェントルマン』。前期用と後期用を揃えるが、どちらもハーフタイプの下回り3点と、ルーフ&トランクスポイラーという構成だ。フロントは、純正ボトムをそのまま摘み出したような設計が特徴。その上で細くラインを切り、中央をちょっとだけ尖らせてメリハリを創出している。サイドも純正の抑揚の効いた形状を生かしつつ、塗り分けで存在感を出せるよう、前傾の台形ラインをプラス。ダクトや4本フィンのディフューザー、またフィニッシャーを採用したリアは、オリジナリティ溢れるデザインに。純正アンダーパネルと丸ごと交換式のため、収まりは極々自然だ。

    グッときたぜ!胸の谷間がセクシーなギャルセレクション【大阪オートメッセ2018】

最近のフロント用エアロはアンダーリップタイプが多いが、『ジェントルマン』はバンパーに被せるハーフタイプ。そのため下方向への延長は最小限。 リアは純正交換のハーフのため、こちらも無駄なサイズアップはなく、走行性を犠牲にすることはない。

純正バンパーとの一体感を高める柔らかな面と、違いを発揮できるエッジラインが同居するフロントハーフスポイラー。一番下は塗り分けができるよう、鋭いラインが入る。

純正の意匠を踏襲したサイドステップ。その周囲を台形ライン(塗り分けされている部分)で囲うことで、躍動感とメリハリをアピールしている。

リアアンダースポイラーは、近年のトレンドであるフィン付きのディフューザータイプ。マフラー出口部分はレクサス風のフィニッシャー形状だが、メッシュ付きなのが個性的だ。

ルーフパネルをそのまま延長したかのような、高さ控えめのルーフスポイラー。両端はやや厚みを持たせており、装着感がしっかりと感じられる設計に。

トランクスポイラーは開口線ギリギリまでのワイドな設計。なで肩のように両端が下がる純正シルエットに沿ったもので、ボディとの一体感は高い。

ジェントルマン、決して劇的な変わり映えが得られるわけではない。しかし、純正のエッセンスにオリジナルの意匠を融合させたエアロは、どんなシーンにもマッチするトラッドな雰囲気と、純正とは別物の品格をアピールしてくれるはずだ。

VANCANCES CROWN ATHELETE フロントハーフスポイラー 6万6960円 サイドステップ 9万2880円 リアアンダースポイラー 7万4520円 上記3点キット 23万4360円 トランクスポイラー 4万5360円 ルーフスポイラー 4万5360円 上記5点キット 32万5080円

VANCANCES TEL072-743-3700 http://www.vacances-car-relax.com

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『VIP STYLE編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します