現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 「レイズ」が大口径にみせる新製法と美麗フィニッシュ技術を投入

ここから本文です
カー用品 2018.1.14

「レイズ」が大口径にみせる新製法と美麗フィニッシュ技術を投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鋳造には「RCFスピニングとリバースリムタイプ」、鍛造モデルには「REHAB」を新採用

ドレスアップ&チューニングカーの祭典「東京オートサロン2018」が、1月12日~14日に千葉県・幕張メッセで開催。 今回も、数多くのアフターパーツメーカーが自慢の新製品を発表した中、ホイールで特に注目だったのが「レイズ」の新製法。鍛造と鋳造それぞれの新製品に導入された新しいワザを紹介しよう。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数



【RCFスピニング・リバースリムタイプ】

こちらは鋳造モデルのニューモデル「ホムラ・2×7TW」に採用された製法。

「RCFスピニング」自体は従来からある製法で、アルミの密度を緊密にし、剛性と軽さを両立させることが可能な技術だ。「2×7TW」には、それをさらに進化させた処理が投入されていた。

ポイントは、従来はホイールのフェイス側にあったタイヤのビロードを落とすための出っ張り(写真下)。

それを新製法では奧側に変更することで、同じリバースリムよりもすっきりとさせることができ、スポークがより長く見える視覚効果を実現している(写真下)。

デモカーのC-HRに装着した「2×7TW」の20インチを見れば一目瞭然。

ホイールをワンサイズ大きく見せることが可能となったのだ。



【ディスク面の新切削技術REHAB】

同社が誇る鍛造シリーズの「ボルクレーシング」では、新製品の「G16」が披露された。

同じく新製品の「G25エッジ」にも採用されたという、「REHAB」という新しいフィニッシュ。

これは、レイズ・鍛造ホイール用の新技術で、スポークなどディスク面を鏡面仕上げにできるオリジナルの光輝製法だ。従来からあるスパッタリングなどの塗装処理に比べ、より高級感ある輝きを実現できるのが魅力。バフに近い鏡面仕上げは、アルミならではの素材感が楽しめるのもポイントだ。

これらは、今後ほかのモデルにも採用される予定。新たな製法により、より存在感やオリジナリティ溢れるモデルが数々と登場することに期待大である。

レイズ・ユーザーダイヤル TEL06-6787-0019 http://www.rayswheels.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部 平塚』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します