現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 「レイズ」が大口径にみせる新製法と美麗フィニッシュ技術を投入

ここから本文です
カー用品 2018.1.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鋳造には「RCFスピニングとリバースリムタイプ」、鍛造モデルには「REHAB」を新採用

ドレスアップ&チューニングカーの祭典「東京オートサロン2018」が、1月12日~14日に千葉県・幕張メッセで開催。 今回も、数多くのアフターパーツメーカーが自慢の新製品を発表した中、ホイールで特に注目だったのが「レイズ」の新製法。鍛造と鋳造それぞれの新製品に導入された新しいワザを紹介しよう。



【RCFスピニング・リバースリムタイプ】

こちらは鋳造モデルのニューモデル「ホムラ・2×7TW」に採用された製法。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く