現在位置: carview! > ニュース > イベント > フォーマルセダンサミット…アンテナとダブルミラーはお決まり

ここから本文です
イベント 2019.11.19

フォーマルセダンサミット…アンテナとダブルミラーはお決まり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フォーマルセダンサミット - Final -」が17日、埼玉県営権現堂公園幸手権現堂桜堤(4号公園)駐車場内(埼玉県幸手市)において開催された。主催はフォーマルセダンサミット。

そのイベント名の通り、国内外のフォーマルセダンを中心にした集まりで、ショーファードリブンを想定したトヨタ『センチュリー』や日産『プレジデント』、三菱『ディグニティ』といった各メーカーのフラッグシップから、トヨタ『クラウン』、『コンフォート』、『アリオン』、日産『セドリック』、『グロリア』など、どちらかというと公用車やタクシー・ハイヤーメインのセダンなどが対象。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

実際に会場に来たクルマたちもショーファーカーや公用車、ハイヤーの雰囲気を漂わせた架装がなされていた。一方で、警護関係車両(の架装)も注目でルーフに赤色灯(非点灯)を乗せるなどで楽しんでいた。参加者によると、フォーマルセダンのこだわりとしてトランクリッドやルーフのアンテナとダブルミラー(助手席側にミラーを追加)、赤色灯は欠かせないと笑う。

当然のことながら、オーナーたちも雰囲気に合わせ、ダークスーツにネクタイ、一部の方は白手袋を着用。クルマと同様コスプレに余念がなかった。

フォーマルセダンサミットを主宰する染矢賢人さんによると、「以前クラウンセダンに乗っていた(現在はセンチュリー)が、そういうクルマで参加出来るイベントがなかったことから、自分でやってみよう4年ほど前に始めた。最初は数台のつもりだったが、思いのほか台数が集まった」という。当初は3月、7月、11月に開催していたが、夏の暑さから3月と11月の開催に変更し、今回で11回目を迎えた。しかし、主催者の都合により今回で終了することになった。

参加者は「VIP系というよりはノーマルの公用車や警護・警察系のクルマが好きな人たちが多く集まる。平日の東京・大手町にいそうなクルマが好きな方たち」と話す。また、一部の参加者はマニュアルへのこだわりもあり、ベーシックグレードのマニュアルをあえて選び、その走りを楽しんでいるようだ。

参加者に話を聞くと、そのクルマの前後期だけでなく、グレードでの装備の差異をはじめ、オプションなどにまで精通していることが伺われた。ただし、それを踏まえたうえでオリジナルに大きくこだわることなく、例えばベーシックグレードをベースに一部は上級グレードの装備をおごったり、あるいは、タクシーの装備品を装着したりと思い思いの架装が施されていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 内田俊一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mer*****|2019/11/19 15:07

    違反報告

    やはりフルノーマルが一番カッコイイです。
  • kan*****|2019/11/19 19:00

    違反報告

    昔のセダン、前後、左右の見切りがよく運転しやすかった。フエンダーミラーも運転しやすかった。最近の車は運転のしやすさより空力、だのスマートさだのと言って運転のしやすさを忘れている。
    クラウンセダンがあるがすべてガス仕様。ガソリン、もしくは軽油仕様を出してほしい。
    高齢者には喜ばれると思いますが。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します