現在位置: carview! > ニュース > イベント > ランボルギーニ ミウラ5台が世界有数のクラシックカーイベント“ペブルビーチ・コンクール・デレガンス”に登場!

ここから本文です
イベント 2019.8.18

ランボルギーニ ミウラ5台が世界有数のクラシックカーイベント“ペブルビーチ・コンクール・デレガンス”に登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衆目の認める世界のイベントにミウラは不可欠

 世界有数のクラシックカーイベントである、8月18日にアメリカ・モントレーで開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、今年で69回目を迎えますが、ここに1960年代を代表するGTとしてランボルギーニ ミウラ・クラスが特別に設けられ、5台のランボルギーニ ミウラが登場します。

    ランボルギーニ・イオタのアルミオブジェ初公開! 「アヒルのジェイ」プロジェクトを発表

 ランボルギーニ ミウラとは、1966年のジュネーブモーターショーに登場したスーパースポーツカーとして自動車史にその名を刻んだ、スーパーカー世代にとっては憧れのクルマです。4つのオーバーヘッドカムを備え、横置き4リッターV12エンジンがミッドに搭載され、当時の市販車として最速を誇っていた名車ミウラ。1966年から1973年の間にイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼで763台が製造されました。

 そんなミウラが世界的なクラシックカーイベントである米国のモントレーで開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場。世界中から集まった5台のミウラのうち、3台がイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ ポロストリコでレストアされています。いずれのミウラも規制が少なく、技術者やカーデザイナーが今より自由だった時代をまさに体現している創作物と言えるでしょう。

 今回のイベントで特別に展示される5台についてレポートします。

■ミウラSVR(1968年/1975年)

 ミウラSVRのオーナーは日本人で、1975年にサンタアガタ・ボロネーゼの工場で1台のみ製作されたもの。クルマは当初ミウラSとして製造され、1968年のトリノモーターショーに初登場。その後、イタリアで売却されました。1974年にドイツのハインツ・スティーバーが中古としてミウラSを購入し、特別なレーシング仕様のミウラを作ってほしいと工場に依頼。18カ月もの時間をかけて1975年に完成されたものです。

 オーナーはしばらく運転した後、日本人コレクターに売却し、それ以降はずっと日本人が所有していました。2016年に現在のオーナーが購入。1975年の納車時とまったく同じ状態にすべく、ランボルギーニ・ポロストリコでレストアされました。

■ミウラP400 SV(1972年)

 こちらは150台製造されたミウラSVのうちの1台。最初のオーナーである南アフリカ在住の元英国空軍パイロットが新車にかかる輸入税を回避する手立てとしたたため、全壊して解体されたP400の1968年の車体番号が付いています。1972年11月に届けられたこのクルマは最後に製造されたミウラのうちの1台で、30年近く南アフリカで所有され、2001年に米国で売却されました。

 2016年に、伝説的なラリーコ・ドライバーであり、F1のフェラーリチーム監督でもあった、そしてFIA会長ともなったジャン・トッド氏がオーナーとなっています。2018年にはランボルギーニポロストリコで完全なレストアが施されているものです。

■ミウラP400(1968年)

 ミウラP400は映画でもメジャーな存在でした。1969年に公開されたマイケル・ケイン出演『ミニミニ大作戦』の冒頭で、俳優ロッサノ・ブラッツィがミウラP400をドライブし、ストーリーに華を添えていました。クラッシュシーンで無残な姿になった別のミウラと同じ色だったという理由で、パラマウント製作側がこのクルマを選択。撮影が終了すると、無事だったミウラは工場に戻され、その後、イタリアのランボルギーニディーラーのザーニを介して、1968年7月2日に最初のイタリア人オーナーに引き渡されました。

 イタリア、日本、英国で保管されたのち、映画出演したクルマとして認定され、2019年にランボルギーニポロストリコでレストアされました。

■ミウラP400(1968年)

 101番目に製造されたミウラP400は、1968年2月に完成し、初代オーナーであるイラン国王モハンマド・レザー・パフラヴィーに届けられました。特注のクロームメッキフロントバンパーや特殊なステアリングホイールに加え、外観もスペシャルな仕様に変更されていました。 1979年のイラン革命で失脚する直前に、国王はミウラを売りに出しますが、国外に持ち出される前にアヤトラ・ホメイニ政権に没収されます。その後、国王の子息が30年間所有し、2018年に大がかりなレストアが施され、2019年初めに現在のオーナーの手に渡りました。

■ミウラP400(1967年)

 アメリカ・カリフォルニア州ベルヴェディアのトム・プライスと グウェン・プライスが所有するミウラは、最初に製造された25台のうちの22台目。 1967年6月に、スイスのレーシングドライバーのカール・フォイテクがチューリッヒにある自身のスポーツカー販売店を介して入手し、1972年まで所有していました。その後、イリノイ州レイクフォレストのジョン・ミドルトンに売却し、40年間所有されました。現オーナーは、2018年10月に購入しています。

 1966年のデビュー以来、世界中のクルマ好きの心を掴んできたランボルギーニ・ミウラですが、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、世界中のカーコレクターやメディアから熱い視線を注がれることでしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します