現在位置: carview! > ニュース > イベント > アストンマーティン 「ヴァルキリー」ハイパーカーで2021年ル・マン24時間レース優勝狙う

ここから本文です
イベント 2019.7.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンは2019年6月に開催されたル・マン24時間レースの現場で、2021年のル・マン24時間レースを含む世界耐久選手権(WEC)2020/2021年シーズンに、WEC用に専用開発した少なくとも2台のアストンマーティン「ヴァルキリー」ハイパーカーでワークス体制で参戦すると発表した。

ハイパーカーとは

    クルマと過ごす日々 vol.56

ACO(フランス西部自動車クラブ)がFIA世界耐久選手権(WEC)の最上級クラスに「ハイパーカー規定」を導入するという発表を受けての決定だ。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tor*****|2019/07/21 21:55

    違反報告

    >アウディ、ポルシェが撤退し、トヨタだけになり、レースとしての興味は薄れつつある。
    最高峰カテゴリーがワークス一強だった時代は過去にもあった
    アウディの単独王朝が続いた時代もあった
    それでもルマンはルマンで、こんな記者の一言で流されていいレースではない

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン