現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【上海モーターショー 2019】日産 中国市場の基幹モデル 新型「シルフィ」発表

ここから本文です
イベント 2019.4.20

【上海モーターショー 2019】日産 中国市場の基幹モデル 新型「シルフィ」発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上海モーターショー2019

日産は2019年4月16日、上海モーターショー2019で最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新型セダン「シルフィ」のワールドプレミアを行なった。

    メルセデス・ベンツ 「スマート」の特別仕様車2種発売

GT-Rと同等の空力性能

中国市場の基幹車種である新型「シルフィ」は、燃費を向上させた新しいパワートレーンを採用し、より低重心でワイドなスタンス、空力性能を向上させたエクステリアデザイン、そして広々として質感の高いインテリアを実現している。



スポーティなデザインの「シルフィ」は、低い重心と流れるようなフォルムにより空気抵抗を低減し、GT-Rと同等のCd値0.26を実現。フロントには日産デザインを象徴するVモーショングリルを、リヤにはブーメラン型のLEDライトを採用し、サイドは静止しているときでも動きを感じさせるダブルウェストラインが特長だ。

新型シルフィは最新のHR16DE型エンジンとエクストロニックCVTを搭載し、中国燃費モードで20.4km/Lと燃費性能を向上させながら、リニアでスムーズなドライビングを実現。また、ハンドリングを向上させ、より安定したドライビングフィールとするため、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を高めている。

インテリアは、インストルメントパネル中央に8インチモニター装備し、メーターパネルには様々な情報を表示する7インチの高解像度TFTモニターが装備されている。インフォテイメントは、スマートフォンとシームレスにつながり、ボイスコマンド機能を採用するなどコネクティビティ性能も向上させている。

運転支援システムは、インテリジェントトレースコントロールやインテリジェントライドコントロール、踏み間違い衝突防止アシスト、前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)、後側方車両検知警報(BSW)、車線逸脱警報(LDW)、後退時車両検知警報(CTA)、ふらつき警報(インテリジェント DA)など最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術や先進の安全装備が採用されている。

なお日産は、上海で新型シルフィ以外に、アルティマやコンセプトカー「IMs」、クロスオーバーコンセプト「IMQ」も出展している。

上海モーターショー

日産 シルフィ 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します