現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【ジュネーブモーターショー2019】マツダ、新世代商品第二弾となる新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-30」世界初公開

ここから本文です
イベント 2019.3.6

【ジュネーブモーターショー2019】マツダ、新世代商品第二弾となる新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-30」世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュネーブモーターショー2019

マツダ株式会社は2019年3月5日(現地時間)、新世代商品の第二弾となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-30(シーエックス サーティー)」をジュネーブモーターショーで世界初公開した。マツダの新たな基幹車種として、今夏より欧州から順次グローバルに販売開始予定となっている。

    フォーミュラEシーズン5 日本人ジャーナリストが大挙取材の香港ラウンドに向けて

CX-30は、マツダのデザインテーマ「魂動デザイン」を具現化したエレガントなスタイルと、SUVらしい力強さとを融合させた新しいコンパクトクロスオーバーだ。「日々の生活の中で、大切な人と新しい発見や刺激を感じ、人生を豊かに過ごしていただきたい」との想いを込め開発された。


家族や友人と、どこにでも気軽に出かけ、歓びを分かち合えるような、大人4人がゆったりと座れる空間と、くつろげる使い勝手の良いパッケージングを実現した。さらに乗用車よりも高い車高による視認性や乗降性の良さに加え、道幅や駐車場を選ばない小回りが利くボディサイズがもたらす運転のしやすさを追求している。

ボディサイズは、全長4395mm、全幅1795mm、全高1540mm、ホイールベース2655mmで、現行のCX-3よりわずかに大きい。

また、マツダ独自の人間が持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求し、マツダ3と共通の新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」や、最新の「SKYACTIV-X」を始めとする幅広い走行シーンで意のままの加減速を可能にするSKYACTIVエンジンシリーズを搭載し、走る・曲がる・止まるといったクルマの基本性能を飛躍的に向上させている。

マツダの代表取締役社長兼CEOの丸本明氏は、
「CX-30は、お客さまにとって日々のパートナーとして、なくてはならない存在と思っていただけるように開発いたしました。マツダの「走る歓び」と深化した「魂動デザイン」を世界中のお客さまにお届けできますようマツダの主要拠点で生産いたします。今後もマツダは、新しい商品や技術によって、お客さまにマツダ車を保有する価値を感じ続けていただき、『お客さまと世界一強い絆で結ばれたブランド』を目指してまいります」
とコメントしている。

ジュネーブモーターショー2019

マツダ 関連情報
マツダ「魂動デザイン」オフィシャルサイト
マツダ CX-30 スペシャルサイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rex*****|2019/03/06 17:45

    違反報告

    https://youtu.be/u_nPK5sUn2w
    ↑Autogefuhlのレポートです。(uにウムラウトが付きます。)ハザードランプを焚いた時の消灯の仕方に注目してみてください。
    CX-30は一つ一つ良く考えられています。トヨタ派ですが、非常に関心しました。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します