現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【ジュネーブモーターショー2019】三菱、2モーターAWDのPHEV「エンゲルベルグ ツアラー」などを初公開

ここから本文です
イベント 2019.3.6

【ジュネーブモーターショー2019】三菱、2モーターAWDのPHEV「エンゲルベルグ ツアラー」などを初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュネーブモーターショー2019

三菱自動車は2019年3月5日、第89回ジュネーブモーターショーで電動化技術、4輪制御技術によってSUVとしての魅力を高めた新世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「エンゲルベルグ ツアラー」を世界公開した。

    【ジュネーブモーターショー2019】日産、「e-パワー」搭載の「IMQ」発表[動画]

エンゲルベルグ ツアラー

「エンゲルベルグ」とはスイス中央部にある山間部の村名で、壮大なパノラマの景色を楽しむことができる有数のスキーリゾート地だ。その地名を冠した「「エンゲルベルグ ツアラー」はツインモーター4WDのPHEVで、どんな気象条件や路面状況でも安心してドライブできる高い走行性能と、都市から離れ充電インフラが整っていない場所でも安心してドライブできるPHEVならではの長い航続走行距離を兼ね備えている。

また多人数乗車と多彩な収納・積載を両立する巧みなパッケージングとし、クロスオーバーSUVらしさを追求。デザインは、上質さと機能性を追求したオールラウンドクロスオーバーSUVらしいデザインとしている。たくましさと多人数が快適に過ごせる機能的なキャビンスペースを実現し、質感と機能性にこだわったインテリアとしている。またフォグランプを配備した自動開閉するルーフボックスや、前後バンパーのアンダーガードを装備し、アクティブなSUVらしさも強調している。

PHEVシステムは、大容量の駆動用バッテリーを車両中央フロア下に搭載。高出力・高効率なモーターをフロントとリヤに搭載したツインモーター方式としている。さらに広大な室内空間を確保し、3列シートパッケージとしている。

エンジンは2.4LのPHEV専用ガソリンエンジンを搭載。シリーズ・ハイブリッド走行モードでは高出力ジェネレーターによる発電能力と高い回生率を実現している。PHEVシステム自体の高効率化に加え、ラジエター部はグリルシャッターによる空気抵抗の低減など、きめ細かい低燃費化技術を採用している。またバッテリーのみでのEV航続距離は70km以上(WLTP)、満充電・燃料満タンの状態からの総航続距離は700km以上(WLTP)としている。

4WDシステムは、フロントとリヤにモーターを搭載する高出力・高効率のツインモーター方式のフルタイム4WDとし、前輪左右の4輪の駆動力配分を制御するヨーコントロール(AYC) を採用。これらと4輪のブレーキ制動力、前後モーター出力の制御を統合制御して、走る・曲がる・止まるという運動性能を飛躍的に高める車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用している。

また、ナビゲーションで目的地を設定すると、ルート上の天候、気温、地形、道路交通、路面状況の情報をもとに、システムがあらかじめ最適な走行モードを選択して、駆動用バッテリーのエネルギーマネジメントや4輪統合制御により適した駆動力配分を行なうことで、安全・快適な走行を可能とし、燃費向上にも寄与するシステムとしている。

電動ドライブ・ハウス(DDH)

「電動DRIVE HOUSE(DDH)」とは、電動車、V2H充放電機器、太陽光パネル、家庭用蓄電池などで構成する家庭での使用を想定したシステムをパッケージ化し、販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップ化したサービスを一括して販売するサービスの名称だ。

これにより、家庭での太陽光発電による電動車への充電や、電動車から家庭への電力供給を可能とし、電気代の節約や緊急時の非常用電源としての利便性をはじめ、これまでにない価値を生み出すシステムになっている。

ASX(RVR)

コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年型モデルがジュネーブモーターショーで公開された。「ASX」は2009年の発売以来、北米、欧州、豪州、中国など約90カ国で累計約132万台を販売しており、三菱自動車にとって3番目に販売台数の多い世界戦略車だ。今回の改良では、デザイン・フィロソフィ「ロバスト&インジェーニアス」に基づき、エクステリアデザインを大幅に刷新。

今回、新たにヨーロッパ向けとして、パワートレーンは2.0L MIVEC・SOHC・16バルブエンジンを搭載し5速MT、またはINVECSIII・6速スポーツモード付CVTを組み合わせ、2WD/4WDともに動力性能と環境性能をバランスさせている。

また、衝突被害軽減ブレーキシステムなどの予防安全機能や、衝突安全強化ボディの性能向上も図られている。インテリアではスマートフォン連携ディスプレイオーディオを改良し、コネクティビティを一層進化させている。

L200

今回出展した1.0t・ピックアップトラック「L200」はヨーロッパ向け仕様で、究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」というコンセプトと歴代モデルでのタフさを徹底追求する開発思想を受け継ぎ、新世代の「ダイナミックシールド」デザイン・コンセプトを採用している。

オフロードでの走破性を向上させた4WDシステム、先進の予防安全・運転支援技術の採用など大幅に商品力を高め、ビジネスユースにおける耐久性・信頼性、プライベートユースにおける快適性や乗り心地を向上させている。

パワートレーンは、尿素SCRシステムを採用した2.2Lクリーンディーゼルエンジンに6速オートマチックトランスミッションを組み合わせている。

ジュネーブモーターショー2019

三菱自動車 関連情報
三菱自動車ジュネーブモーターショー・スペシャルサイト
三菱自動車 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します