現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【ジュネーブモーターショー2019】日産、「e-パワー」搭載の「IMQ」発表[動画]

ここから本文です
イベント 2019.3.6

【ジュネーブモーターショー2019】日産、「e-パワー」搭載の「IMQ」発表[動画]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュネーブモーターショー2019

日産は2019年3月5日、第89回ジュネーブ国際モーターショーで、電動パワートレーン「e-パワー」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界公開した。また、「e-パワー」技術のヨーロッパ市場への投入も発表した。

    【フォルクスワーゲン ポロ 試乗記】TSI R-Lineグレードはちょうどいい感じ




発電用エンジンと駆動用モーターを組み合わせたシリーズ・ハイブリッド方式の「e-POWER」は日本ではすでに「ノート」、「セレナ」に搭載し、ヒット作となっている。

ヨーロッパでは「リーフ」が電気自動車の販売台数でトップとなっているが、さらに「e-パワー」を投入することで、欧州における電動車両のリーダーシップとしての地位を確立する戦略だ。

2022年までに「e-POWER」をヨーロッパ向けの量販モデルに搭載することで、欧州における日産の電動車両販売は現在の約5倍となり、2022年度末には市場平均の2倍の規模となる見込みだとしている。

ジュネーブモーターショーで初公開された「IMQコンセプト」は、先進の技術とデザインを搭載した4輪駆動の「e-POWER」を採用している。従来のコンパクト・クロスオーバーの概念を超えたデザインとe-パワーを強くアピールしている。

当然ながら「e-POWER」システムには、発電専用のガソリンエンジン、発電機、インバーター、バッテリー、駆動用の電動モーターが搭載され、ガソリンエンジンは発電にのみ使用される。

100%電気自動車「日産リーフ」の累計グローバル販売台数が40万台を突破し、世界販売台数No.1の地位を確固たるものにしたことも、車両の電動化における日産のリーダーシップを明確に示している。

またリーフに関して、欧州日産は62kWhの大容量バッテリーを搭載した「リーフe+」の正式な受注を3月6日から開始すると発表した。リーフe+は1月のワールドプレミア以降、わずか1か月の間でヨーロッパで3000台以上の先行予約を得ているという。

また、2019年後半に防水型ポータブル蓄電池「ニッサン エナジー ローム」も発売予定としている。「リーフ」の使用済みバッテリーのセルを再利用した「ローム」は、700Whのストレージ容量と1kWの出力を備えている。

ジュネーブモーターショー

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します