現在位置: carview! > ニュース > イベント > コペンをGR流の「ファン・トゥ・ドライブかつしなやか」な走りに…ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプト【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.2.19

コペンをGR流の「ファン・トゥ・ドライブかつしなやか」な走りに…ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプト【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月11~13日に千葉県の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2019」のトヨタガズーレーシングブースに突如現れた、ダイハツ・コペンの「GRスポーツコンセプト」。その走りの“味”付けとは。トヨタガズーレーシングカンパニー・凄腕技能養成部の江藤正人さんに聞いた。REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu) PHOTO●遠藤正賢、ダイハツ工業

--コペンというダイハツのモデルをベースにトヨタのGRモデルを開発しようということになった経緯は?

    豊田章男社長も太鼓判! トヨタ・センチュリーGRMNの走りとは?【東京オートサロン2019】

江藤 私たちGRとしてはやはり、「ライトウェイトスポーツを作りたい」という思いを前々から持っていたんですね。そこで、既存のヴィッツやアクアよりも小さいベース車を選定する中で、同じグループであるダイハツさんにコペンがあるということで、候補に挙がりました。ところがそのコペンはフルモデルチェンジして以降、思ったより人気が出ていないので、話題喚起と販売促進を図りたいという背景から「じゃあ両方でやろう」ということになりました。

--では、コペンGRスポーツは両社で共同開発しているのでしょうか?

江藤 開発の主体はダイハツさんとしつつ、GRの“味”を私たちが盛り込む、という体制で、年内発売に向けて開発を進めています。販売についても、ダイハツさんとトヨタ双方の販売店で取り扱う予定です。

--コペンGRスポーツの開発コンセプトは?

江藤 「軽自動車でありつつGRならではの付加価値をプラスする」ということを主眼として、まず前後バンパーのデザインを変更し、GRシリーズ共通の「ファンクショナルマトリクス」グリルを持たせました。

 ベース車は「S」グレードで、ホイールは同じBBS製、シートもレカロ製ですが、カラーやロゴマークを変更し、加飾パネルもカーボン調としています。

--走りについてはいかがでしょうか?

江藤 「S」グレードのビルシュタイン製ダンパーを採用したサスペンションはサーキット向けに尖ったセッティングになっていて、公道では路面の凹凸に対し跳ねやすい傾向にあります。これはGRとしてはあり得ませんので、ダンパーを標準仕様と同じKYB製ながら、よりしなやかに動くものを採用します。これに伴い、スプリングレートも下げます。

 さらに、ホイールベース間にあるX字状のブレースと前後サスペンションメンバーの間に、両者をつなぐブレースを追加したほか、空力特性を改善するためフロア下にフィンを追加します。

 これらの改良により、GR本来のコンセプトである「ファン・トゥ・ドライブかつしなやか」、具体的にはドライバーの入力に対しヨーがリニアに立ち上がる特性を実現する計画です。

--パワートレインの変更点はありますか?

江藤 今回のコペンは、チューニングのランクとしては最もライトな「GRスポーツ」ですので、パワートレインの変更点はありません。トランスミッションも、5速MTとCVTの両方とも用意する予定です。

--とは言いつつ、意外と変更点は多岐に渡りますので、お値段が気になる所ですが…。

江藤 流用できるものは流用して、コスト増を極力抑えるよう留意していますので、価格アップは「S」に対し20~30万円アップに留まる見込みです。

--今回はGRスポーツ、ということは、その先も期待してよいのでしょうか?

江藤 それはもちろん、今回のコペンGRスポーツが成功するかにかかっていますが、将来的には「GR」や「GRMN」まで行けるといいですね。

--期待しています、ありがとうございました!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 遠藤正賢)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します