現在位置: carview! > ニュース > イベント > ホンダ、スーパーGT2019で2年連続シリーズ・チャンピオンを狙う

ここから本文です
イベント 2019.2.11

ホンダ、スーパーGT2019で2年連続シリーズ・チャンピオンを狙う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーGT2019

ホンダの2019スーパーGT500、GT300のラインアップが発表され、いよいよ開幕が待ち遠しくなってくる。GT500クラスは5チーム5台のNSX-GTで参戦し、GT300は現在のところ3チーム3台が発表されている。

    ダイハツ、後付けできる「ペダル踏み間違え防止装置」を「ムーヴ」「ミラ」に拡大


スーパーGT500クラスでは、2018年シーズンはチーム・クニミツの山本尚貴/ジェイソン・バトン組がチームランキング、ドライバーランキングで2018年シーズンダブル・チャンピオンを獲得するという大きな成果を納めた。2019年も同じコンビを組み、ゼッケンは「100」から「1」に変更して連続タイトルを目指す。

またケイヒン・リアル・レーシング、モデューロ・ナカジマ・レーシングの2チームはドライバー変更し、ケイヒンは塚越広大とベルトラン・バゲットのコンビになる。一方、NAKAJIMAはカーティケヤン(41才)と欧州F2から戻った牧野任祐(ただすけ21才)の、年の差20歳のペアになる。

GT300は34号車のモデューロ・ドラゴ・コルセNSX-GT3は道上龍、大津弘樹組は変わらないが、86で参戦していたチームUPGARAGEが小林崇志/松浦孝亮のペアでホンダデビューする。また、オートバックスレーシングTEAM AGURIの55号車はBMW M6からホンダに変更となっている。ドライバーは高木真一とやはり欧州F2から戻った若手21才の福住二嶺(ニレイ)で参戦する。アップガレージ、チームアグリ共に、マシンは発表されていないが、NSX-GT3の可能性が高い。

GT300クラスには年々GT3マシンの参戦が増えているため、これまで以上にGT300が熱い戦いになることは間違いない。またGT500では、絶大な人気のジェンソン・バトンも引き続き参戦決定とあってファンには嬉しい情報であり、2年連続のシリーズチャンピオンに期待がかかる。

スーパーGT2019

ホンダ 関連情報
ホンダ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します