現在位置: carview! > ニュース > イベント > 日産自動車「大阪オートメッセ2019の出展概要を発表」

ここから本文です
イベント 2019.2.6

日産自動車「大阪オートメッセ2019の出展概要を発表」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クローラー装着のジュークから特別仕様車のGT-Rまでワクワクするカスタマイズカーを多彩に提案

 日産自動車とオーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、西日本最大級のカスタマイズショー「大阪オートメッセ2019」(2/9(土)~2/11(祝・月)の出展概要を発表した。

    HONDA「第23回 大阪オートメッセ2019」へ新型車や競技車両など10台を出展

 日産は、安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とした「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの電動化と知能化に向けた技術開発を進めている。 大阪オートメッセ2019では、「NISSAN FORMULA E」、「NISSAN LEAF NISMO RC」に象徴されるゼロエミッション時代におけるレーシングカーや、市販モデルの「LEAF NISMO」を展示。他にもプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手の就任記念モデルとなったGT-R、「JUKE」のパーソナライゼーションをより進化させたコンセプトカーを展示。

 さらにNISMOロードカー、プレミアムスポーティブランド「AUTECH」のコンセプトカーなど幅広いラインアップで、日産の新しいカスタマイズ観を披露する。展示車両の詳細は以下の通り。

【JUKE Personalization Adventure Concept(参考出品)】

 多彩なカラーコーデによるカスタマイズが好評なジュークのパーソナライゼーションをより進化。俊敏な操作性を実現するインテリジェント 4×4を搭載したコンセプトカーを展示する。 エクステリアは、レスキューの高い走破性を実現するクローラーとオーバーフェンダーを装着。マットホワイトとマットブラックのツートーンカラーや、フローセントグリーンのアクセントによる新たなパーソナライゼーションの形を提案する。

【大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル】

 大坂なおみ選手とNISSAN GT-Rがコラボレーションしたモデル。「GT-R Premium edition」グレードをベースにGT-R好きの大坂選手から着想を得た特別仕様車だ。 ボディカラーは、特別塗装色のミッドナイトオパールにくわえ、ブリリアントホワイトパール、メテオフレークブラックパールの3色。大坂選手の意見を反映したインテリアにも新規の組合せとなる3色を専用設定し、ボディカラーと自由に組み合わせることができる。

【ELGRAND The Sports Premium Concept(参考出品)】

 低重心が生む圧倒的な走りに、先進安全装備を設定して登場したエルグランド。その走りと存在感を究極まで表現したコンセプトカーを特別展示する。エクステリアは、精悍なピアノブラックのフロントグリルとNISSAN GT-Rからインスパイアされたボディカラー、スポーティな印象を与えるGT-R用の20インチアルミホイールを装備。インテリアには、豪華で上質な赤い本革を使用した特別シートを設定しています。エルグランドが持つ存在感をより際立たせるカスタマイズを施しています。

【X-TRAIL AUTECH(Premium Personalization仕様)】【NISSAN LEAF AUTECH Concept(参考出品)】

「AUTECH(オーテック)」といえば、よりプレミアム感の高めたデザインやクオリティにこだわる人に向けたスポーティブランド。その第3弾モデルとして、2019年1月に発売したエクストレイル「AUTECH」を展示する。 インテリアは、1月に発表したばかりの「プレミアム パーソナライゼーション プログラム」を採用することで、上質な室内空間を演出。また、日産リーフをベースにした参考出品車両も展示し、ともにボディカラーには、湘南・茅ヶ崎の空と海をイメージしたAUTECHのアイコニックカラー「オーテックブルー」を採用している。

【NISSAN LEAF NISMO】

 NISMOがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現したリーフ・ニスモ。ダウンフォースを向上させた空力性能や優れたエクステリアデザインに加え、専用のサスペンションチューニング、18インチタイヤの採用によりワンランク上の直進安定性を実現した。 さらに、コンピュータ(VCM)を専用チューニングし、より力強い加速感を実現。ドライブモードのBレンジでは、立ち上がりの速さを約2倍に高めているという。また、アクセルのみで発進、加・減速、停止まで行なうことができる”e-pedal”は、ブレーキへ足を踏み換えることなく走行可能。マニュアル運転のようにクルマを操ることができる。

【NOTE e-POWER NISMO S】

 ノート e-POWERをベースに、ボディ補強やサスペンション、インバータ、コンピューター(VCM)を専用チューニング。発電量を増加させると同時に減速機を強化し、モーターの最高出力は100kW(トルク320N・m)を実現するなど、よりスポーティでパワフルな走りを可能とするハイスペックモデルだ。

 また、「ノート e-POWER NISMO」のドライブモード設定に加えて、「S」と「ECO」のモードにも「B」レンジを設定。スポーツ走行で圧倒的なパフォーマンスを引き出すだけでなく、燃費性能の追及までさまざまな走りが体感できる。

【NISSAN FORMULA E】

 日本の自動車メーカーとして、初のフォーミュラE選手権へ参戦。2018年12月にサウジアラビアのリヤドで開幕した”ABB FIAフォーミュラE選手権”のシーズン5を戦った「フォーミュラEカー」を特別展示する。 最新のバッテリーやパワートレインを採用し、さらなるパワーと航続距離を実現したマシンにも注目だ。

【NISSAN LEAF NISMO RC】

 NISMOのレーシングテクノロジーを用いて開発された「NISSAN LEAF NISMO RC」も特別展示。2011年に発表した前モデルに比べて2倍以上の240kWの最高出力と640N・mの最大トルクを発生。バッテリーやドライブトレインは「日産リーフ」の技術を採用するものの、多数の軽量部品に加えて、フルカーボンファイバーのレーシングモノコック構造を採用している。総重量はわずか1220kg。0-100km/hの加速時間は、前モデルより約50%も速い3.4秒を実現する。

 大阪オートメッセ2019では、日産ブース内にグッズ販売のコーナーも設置。「NISSAN」ブランド、「NISSAN GT-R」などの車種ブランド、「NISMO」ブランドのウェアやグッズ、限定ミニカーといった販売も行なわれる。 また、ツイッターやYouTube、ニコニコ生放送などのSNSを活用した情報発信を実施。ブースの様子やトークショーを生中継するほか、ファンとの双方向コミュニケーションを通してブースの臨場感を共有する予定だ。

 さらにはスペシャルトークショーを開催予定と、豊富なイベント内容となる日産ブース。詳細は、日産カスタマイズWEBサイトと日産自動車モータースポーツ関連のツイッターアカウントで順次告知を行なうとのこと。

第23回 大阪オートメッセ2019開催日:2019年2月9日(土)、 10日(日)、 11日(月・祝)時間:9:00~18:00会場:インテックス大阪(大阪国際見本市会場)入場料:大人(高校生以上)当日2700円/前売2100円 中学生以下入場無料(条件有)出展社数:328社展示車両台数:596台出展小間数:1841小間

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します