現在位置: carview! > ニュース > イベント > フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.1.13

フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 走りのSTIがSUVやエントリーモデルをも変身させる!

 スバル/STIブースのテーマは「オール・フォー・ドライブ・エキサイトメント」。スバル車に乗ったときの高揚感や走る楽しさを伝えたいという思いから作り上げられたブースだ。

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

 まず注目すべきは「FORESTER ADVANCE Sport CONCEPT」。こちらはハイブリッドの「Advance」がベース。e-BOXERの先進的な走りに、STIが培ったノウハウを注ぎ込んだコンセプトカーだ。

 走りをつきつめたことに加え、洗練された上質な雰囲気の演出に注力したとのこと。ボディカラーは現状市販車にはないファイターグレーを採用。ボディのラインや塊感が強調されるカラーリングだ。

 ブラックの19インチホイールや現行WRX STIと同様のブレンボ製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着。またボディにはキャリパーの色と合わせたというイエローのアクセントが随所に見られる。

 20mmローダウンしているほか、ボディ下部にイエローのラインを入れることによって低重心感を演出。ホイールやエアロパーツなどは黒で引き締め、スタイリッシュな印象。

 ファミリーなどに好まれるフォレスターだが、このコンセプトモデルは市販モデルとはターゲットを変え、都会で若いひとに乗って欲しいといった提案を込めてデザインしたそうだ。

 内装にもイエローのアクセントを採用し、アクティブな印象。またシートは滑りにくい素材を採用するなど運転しやすさにもこだわる。

 続いて「IMPREZA STI Sport CONCEPT」。ベースとなるのはインプレッサ2.0i-S EyeSightで、スポーツカジュアルというテーマでデザインしたとのこと。インプレッサはスバルのラインアップでエントリーモデルだということもあり、若いひとに好まれるよう、従来のインプレッサよりもライトな雰囲気を演出したそうだ。

 ボディ色にはジェットホワイトという市販車にはないカラーの採用するうえ、ルーフをブラックとしたツートーン仕様となっている。ツートーンのカラーリングはこのコンセプトカーの世界観を表現するうえでデザイナーがどうしてもやりたいとこだわり実現に至ったそうだ。

 内装で注目すべきはなんといってもシート。ウルトラスエードで下にグレー、上にボルドーを重ね、ドリル加工を施しすり鉢状の穴をあけることによって二色が見えるという新しいデザインとなっている。

 このコンセプトカー2台は、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用するクルマでは初めてのSTI仕様となる。またSTIというとスポーティなイメージが強いが、今回インプレッサやフォレスターにSTIの手が加えられている。STIがレースで培った技術を市販車に反映することで高い走行性能・安全性能を実現するスバル車だが、それはエントリーカーやハイブリッドモデルも例外ではないのだ。メーカーによると、これはスバル/STIがつくりだす安心と楽しさを、今後より多くの人に届けたいという意思表示でもあるそう。

 これらの市販の予定は未定だが、東京オートサロンでの反響も参考にし検討するとのこと。「FORESTER ADVANCE Sport CONCEPT」は、フォレスターtSに乗っていたこともあるというSTI平川社長もかなりのお気に入りとのことで、市販化の可能性は大いにありそうだ!

 ラリー車を彷彿とさせるスバルブルー×ゴールドを10年ぶりに再現

 そしてスバルファン垂涎のモデルが、「WRX STI Rally CONCEPT」だ。これは現行WRX STI Type Sをラリー仕様にしたもので、WRブルーのボディカラーとゴールドのBBSホイールがWRC参戦車両を彷彿とさせる。

 じつはこのブルーとゴールドの組み合わせは3代目インプレッサWRX STI以来の10年ぶりの復活。スバルブルーを強調すべきとの意見があり、以降ゴールドのホイールの採用はやめていたのだとか。今回過去のレースでの栄光をこれからも大切にすべきとなり、再現された。

 この車両にはエアロパーツをはじめとするSTI純正パーツがふんだんに装着されるほか、ゴールドのホイールを強調すべくシルバーのキャリパーを採用。リヤバンパーのダクトはS208と同様のものだ。ちなみにホイールもS207、S208に採用されたものをゴールドに塗装したものなんだとか。

 内装はツヤを抑えた防眩効果のあるインパネや、ステアリングにウルトラスエードを採用。さらにシートはレカロ製となっている。

 こちらも市販化の予定は未定だそうだが、装着されているものはSTI純正のパーツが多く、それ以外でもS207やS208のものを使っていることを考えると、量産も不可能ではないように思える。今後、限定車などでの登場に期待を抱かずにはいられない。

 この他ブースには、レヴォークのパーツ装着車である「LEVORG STI Performance」、レースで活躍してきた「SUBARU BRZ GT 300」、「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2018 SP3Tクラス優勝車」、「SUBARU WRX STI全日本ラリー選手権2018年 JN6 シリーズ 優勝車」、「GAZOO Racing 86/BRZレース 2018 プロフェッショナルシリーズ 参戦車」を展示。

 そして展示車以外に紹介したいのが、STIパーツ展示コーナー。STIの純正パーツが多く展示されてあり、驚くべきは実際にパーツに触れられること。

 とくに注目なのがドライカーボンパーツの「ルーフエンドスポイラー」と「ドライカーボントランクリップスポイラー」だ。これらは手にとって持ち上げることが可能。実際に持ってみると見た目からは想像できないぐらい軽いのだ。軽量であるのみならず、ドライカーボンパーツというとUVに弱く数年で劣化してしまうものも多いが、これらSTI製のものはUVカットが施されているとのことで品質の保持を可能としている。

 訪れた際は是非STIパーツに触れ、その技術を体感してみてほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ykk*****|2019/01/13 22:48

    違反報告

    どんなにいい車作っても財務省の消費税増税で
    売れなくなるよねー
    100万円で〜〜10万円取られます
    200万円で〜〜20万円〜〜〜
    300万円で〜〜30万円〜〜
    400万円で〜〜40万円で〜〜
    アーーーー死にそうーー
    車代を生活費に置き換えて同じこと〜〜
    財務省の消費税増税 緊縮財政で日本人が日本企業がどんどん
    貧乏になっていく〜〜
    そもそも日銀が国債買い取れば政府の借金なんて
    無くなるよねー
    財務省の借金あるある詐欺に騙されないように気をつけてください〜〜
    消費税増税しても官僚の天下り先に予算をつけられて
    官僚が私服を肥やすだけー
    今日もまた株が大暴落しないと良いけど、、、、、
    世界経済もおかしな方向にいってるよね、、、、
    ドイツ銀行も潰れそうだし、、、、、
    ファイブアイズVS中国共産党の冷戦も始まったし、、、
    世界恐慌にならないといいけど、、、、、、
    なのに財務省が消費税を上げる、、、、、
    財務省完全に終わってる、、、、、、
  • wql*****|2019/01/14 10:14

    違反報告

    スバルって、なんかボルボに似過ぎ!
    ボルボV40オーナーの私には不満です!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します