現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【TAS2019ブース探訪(無限編)】無限ブースにはストリップ状態の電動レースバイク「神電七」が!

ここから本文です
イベント 2019.1.12

【TAS2019ブース探訪(無限編)】無限ブースにはストリップ状態の電動レースバイク「神電七」が!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無限ブースでは2012年から同社がマン島TTへの挑戦を続ける電動レースバイク「神電七」を展示。ディスプレイの台上には、カウリングを取り外したストリップ状態の同車に加え、モーターやインバーター、バッテリー(これはラミネート型のリチウムイオンセルのみ)などの主要部品も並べられており、非常に興味深いものとなっていた。TEXT:髙橋一平(Ippey TAKAHASHI)

 2018年6月に行われた同レースで5連覇を達成したこのマシンは、バッテリーを収める構造のCFRP製モノコックフレームを採用、モーターは最高出力こそ120kWと1ℓクラスのスーパースポーツに一歩譲るものの、そのトルクは最大で210Nmとバイクとしては破格の数字を発揮する。60km以上におよぶマン島のコースを全開(口を開けるスロットルバルブは存在しないが)状態で走りきることが可能だ。

    【TAS2019ブース探訪(ブリッツ編(3))】加速しないハイエース・ガソリン車用に、スーパーチャージャーをボルトオン

 無限の取り組みとして特長的なのが、モーターやバッテリーの制御に必要不可欠な電子回路の多くを、ディスクリート部品(単体の電子部品)から基板に仕立て上げるという段階から自社で開発しているということ。専用開発のMR-150型モーターには、やはり独自開発の油冷システムが採用されている。

 展示されていた同車はストリップ状態ということで、リヤホイール前に置かれるモーターの配置や、それを避けるかたちで上側に大きく湾曲するスイングアームの形状、モーターのスプロケット軸(出力軸)よりも前方とされるスイングアームピボットの位置などといった車両構成がよくわかるものとなっていた。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します