現在位置: carview! > ニュース > イベント > ダンロップ・ブースに新旧ベントレーが並べられている理由とは?【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.1.11

ダンロップ・ブースに新旧ベントレーが並べられている理由とは?【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日(1月11日)から幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019。ホール4にあるダンロップのブースには新旧ベントレーの2台が並べられていた。この2台とダンロップとの共通点に注目したい。

 まず、2台のうち、真っ先に目が行くのが「Bentley 3 Litre Speed」だ。創業100周年を迎えるベントレーが設立当時にロンドンの工場で初めて製造した「Bentley 3 Litre」にスキナーズ・ユニオン製のキャブレターを装着し80hpに向上させたほか、ブレーキが4輪に装備され、冷却系統にサーモスタットが組み込まれた。

    TWSが高剛性なフェラーリ専用鍛造ホイールを発表!【東京オートサロン2019】

 展示車は1924年に行なわれた第2回 ル・マン24時間レースで初優勝したウィニングカーと同型・同年に製造されたモデルだ。その車体を支える4本のタイヤこそがダンロップなのだ。サイズはフロントとリヤとも(5.00/5.25-21)。

 そして、もう一台がフラッグシップスポーティサルーンの「Mylsanne Speed」だ。「Bentley 3 Litre」から続くレーシングスピリットを感じさせるように、最大トルクは1100Nmで最高速度は305km/hを誇る。その圧巻のパフォーマンスを支えるのがダンロップだ。サイズは前後ともに(265/40ZR21)。

ル・マン24時間レースでの初優勝から100年近く続く両者の熟成と鍛錬を、この2台は語っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します