現在位置: carview! > ニュース > イベント > TOYOTA GAZOO Racingブースで『GRスープラ スーパーGTコンセプト』を発表。スープラはニュル24時間レースにも参戦!【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.1.11

TOYOTA GAZOO Racingブースで『GRスープラ スーパーGTコンセプト』を発表。スープラはニュル24時間レースにも参戦!【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTA GAZOO Rading(TGR)のプレスカンファレンスが東京オートサロン2019のTGRブースで開かれた。友山プレジデントは、2019年のモータースポーツ活動に対する方針や、モータースポーツから生み出されるGR車両のラインアップ拡充に関する発表を行った。

トヨタ自動車は、東京オートサロン2019年にTGRとしてブースを出展。
初日1月11日AM9:30からプレスカンファレンスを実施した。
冒頭に登場した友山茂樹GAZOO Racingカンパニープレジデントは、
「2018年はル・マン24時間レースの優勝、そしてWRCでのマニュファクチャラーズタイトルを獲得。この2つの勝利は、モータースポーツブランドとしてのGRを世界に知らしめた」とスピーチ。

    TWSが高剛性なフェラーリ専用鍛造ホイールを発表!【東京オートサロン2019】

友山プレジデントは、2019年のモータースポーツ活動におけるさらなる飛躍への決意とGRグレードの市販車両ラインアップの充実にむけた意欲、そして1月14日にデトロイトモーターショーでワールドプレミアに先駆けて『GRスープラ スーパーGTコンセプト』を正式発表。また、2020年シーズンからスープラでスーパーGT500クラスに参戦することを発表した。さらに、6月にドイツ・ニュルブルクリンクで開催されるニュルブルクリンク24時間レースに、レクサスLCとともに新型スープラでも参戦することが公表された。

モータースポーツで鍛えられたGRグレード車種ラインアップの最新車両として、2代目となるマークX GRMNをワールドプレミア。
『FRセダンのマニュアル車』ならではの走りを期待するお客様に応えるべく、350RDSをベースに、6速マニュアルトランスミッションとV6 3.5L自然吸気エンジンを組み合わせることで、FRスポーツならではのパフォーマンスを追求したという。「トヨタ史上最高のFun To DRIVEセダンになった」と友山プレジデント。全国のGR Garage店で限定350台限定発売となる。

また、ダイハツとの共同開発となるGRコペンのプロトタイプが発表となった。「もっと気軽にGRのクルマをお客様に乗っていただきたい」(友山プレジデント)というTGRの願いを実現するために、ダイハツ・コペンをベースにダイハツとの協業による開発が進んでいるという。取材によると、2019年夏ごろの正式発表が予想される。

その他、多くのコンテンツが集まっており、なにかと注目度の高いTOYOTA GAZOO Racingブースは東8ホールで展開中だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します