現在位置: carview! > ニュース > イベント > マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.1.11

マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日(1月11日)から幕張メッセでスタートした東京オートサロン2019。マツダブースの注目は、もちろん新型Mazda3だ。

 マツダ・ブースに展示してある3台のマツダ3(Mazda3)。ひな壇にあるのは、ソウルレッドメタリックのハッチバックとマリングレーメタリックのセダン。そしてその手前には、新型Mazda3 CUSTOM STYLE (北米仕様ベース)が展示されている。この3台は国内初公開のモデルである。

    TWSが高剛性なフェラーリ専用鍛造ホイールを発表!【東京オートサロン2019】


カプセル化しているのは、SKYACTIV-Xエンジン搭載車のみ 今回はG2.5

 注目のエンジンは、3台とも北米でメインとなる2.5ℓ直4ガソリンエンジンのSKYACTIV-G2.5だ。今回のオートサロンに持ってきたMazda3には、残念ながらSKYACTIV-Xエンジン搭載車はなし、とのこと。残念。

 ここで引き下がってはいけないので、お願いしてボンネットフードを開けてもらった……。注目のカプセルエンジンではない! 訊けば、カプセルエンジン化しているのは、スカイアクティブ-Xエンジン搭載モデルだけ、とのこと。どんなふうにカプセル化しているのか見たかったのだが、それはまた次の機会に持ち越しとなった。


Mazda3 CUSTOM STYLE

 さて、オートサロンらしくカスタマイズされたMazda3 CUSTOM STYLE のボディカラーは、新色のポリメタルグレー。これがカッコいい。内装の質感も1ランクアップで、現行アクセラとはまったく違うクラスのクルマに進化していた。


Mazda3 CUSTOM STYLE
全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm
標準装備からの交換・装着パーツ
■エクステリア
エアロパッケージ(参考出品)
マフラー(参考出品)
■脚周り/シャシー
車高調整式サスペンション:Fr約30mm、Rr約30mmダウン(参考出品)
ホイール:BBS製鍛造18-7.0J(参考出品)
■インテリア
スポーツペダルセット(参考出品)
スカッフプレート(参考出品)
フロアマット(参考出品)


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ykk*****|2019/01/12 20:33

    違反報告

    どんなにいい車作っても財務省の消費税増税で
    売れなくなるよねー
    100万円で〜〜10万円取られます
    200万円で〜〜20万円〜〜〜
    300万円で〜〜30万円〜〜
    400万円で〜〜40万円で〜〜
    アーーーー死にそうーー
    車代を生活費に置き換えて同じこと〜〜
    財務省の消費税増税 緊縮財政で日本人が日本企業がどんどん
    貧乏になっていく〜〜
    そもそも日銀が国債買い取れば政府の借金なんて
    無くなるよねー
    財務省の借金あるある詐欺に騙されないように気をつけてください〜〜
    消費税増税しても官僚の天下り先に予算をつけられて
    官僚が私服を肥やすだけー
    今日もまた株が大暴落しないと良いけど、、、、、
    世界経済もおかしな方向にいってるよね、、、、
    ドイツ銀行も潰れそうだし、、、、、
    ファイブアイズVS中国共産党の冷戦も始まったし、、、
    世界恐慌にならないといいけど、、、、、、
    なのに財務省が消費税を上げる、、、、、
    財務省完全に終わってる、、、、、、

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します