現在位置: carview! > ニュース > イベント > マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.1.11

マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日(1月11日)から幕張メッセでスタートした東京オートサロン2019。マツダブースの注目は、もちろん新型Mazda3だ。

 マツダ・ブースに展示してある3台のマツダ3(Mazda3)。ひな壇にあるのは、ソウルレッドメタリックのハッチバックとマリングレーメタリックのセダン。そしてその手前には、新型Mazda3 CUSTOM STYLE (北米仕様ベース)が展示されている。この3台は国内初公開のモデルである。

    TWSが高剛性なフェラーリ専用鍛造ホイールを発表!【東京オートサロン2019】


カプセル化しているのは、SKYACTIV-Xエンジン搭載車のみ 今回はG2.5

 注目のエンジンは、3台とも北米でメインとなる2.5ℓ直4ガソリンエンジンのSKYACTIV-G2.5だ。今回のオートサロンに持ってきたMazda3には、残念ながらSKYACTIV-Xエンジン搭載車はなし、とのこと。残念。

 ここで引き下がってはいけないので、お願いしてボンネットフードを開けてもらった……。注目のカプセルエンジンではない! 訊けば、カプセルエンジン化しているのは、スカイアクティブ-Xエンジン搭載モデルだけ、とのこと。どんなふうにカプセル化しているのか見たかったのだが、それはまた次の機会に持ち越しとなった。


Mazda3 CUSTOM STYLE

 さて、オートサロンらしくカスタマイズされたMazda3 CUSTOM STYLE のボディカラーは、新色のポリメタルグレー。これがカッコいい。内装の質感も1ランクアップで、現行アクセラとはまったく違うクラスのクルマに進化していた。


Mazda3 CUSTOM STYLE
全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm
標準装備からの交換・装着パーツ
■エクステリア
エアロパッケージ(参考出品)
マフラー(参考出品)
■脚周り/シャシー
車高調整式サスペンション:Fr約30mm、Rr約30mmダウン(参考出品)
ホイール:BBS製鍛造18-7.0J(参考出品)
■インテリア
スポーツペダルセット(参考出品)
スカッフプレート(参考出品)
フロアマット(参考出品)


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します