現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【東京オートサロン2019】ダイハツ、「コペン クーペ」や60年代のレースカー「P-5」など個性的なコンセプトカーを多数出展

ここから本文です
イベント 2018.12.20

【東京オートサロン2019】ダイハツ、「コペン クーペ」や60年代のレースカー「P-5」など個性的なコンセプトカーを多数出展

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは2018年12月19日、2019年1月11日~13日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される東京オートサロン2019に軽自動車・小型乗用車の個性あふれるコンセプトカーや、市販予定車「コペン クーペ」、1960年代のレーシングカー「P-5」を出展すると発表した。


今回の出展は「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、軽オープンスポーツカー「コペン」や、2018年に発売した軽乗用車「ミラ トコット」、小型乗用車「トール」、「ブーン」、軽商用車「ハイゼット トラック」などをそれぞれの持つ世界観を生かしながら、多方面にカスタマイズしたオリジナルバージョンを出展する。

    【東京オートサロン2019】クラリオン、スマートコクピットを4台のデモカーとともに出展



中でも「コペン クーペ」はカーボン製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルで、200台限定の市販予定車として初公開する。また「コペン セロ スポーツプレミアムVer.」はメッシュ状のオリジナル・フロントグリルやメッキ加飾を施し、新たな世界観を提案するコンセプトカーだ。

また、ダイハツ従業員の有志によってレストアされ、走行が可能となった往年のレーシングカー「P-5」も展示する。「P-5 」は1968年の第3回日本グランプリレースに出場し、GP1クラスで優勝したレーシングカーだ。レストア作業は、ベテランから若手までが一体となって作業を行なうことで、ダイハツならではの小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術を継承することを目的に行なわれたという。

【出展車両一覧】

ダイハツ 東京オートサロン特設サイト
コペン クーペ特設サイト

ダイハツ 関連情報
ダイハツ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します