現在位置: carview! > ニュース > イベント > 日本カー・オブ・ザ・イヤー 今年の部門賞はこの3台! ホンダ・クラリティPHEV/BMW X2/ダイハツ・ミラ トコット

ここから本文です
イベント 2018.12.7

日本カー・オブ・ザ・イヤー 今年の部門賞はこの3台! ホンダ・クラリティPHEV/BMW X2/ダイハツ・ミラ トコット

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本カー・オブ・ザ・イヤーには、「イノベーション部門」「エモーショナル部門」「スモールモビリティ部門」の3部門賞も設けられている。さて、今年の各賞はどのクルマが獲得したのだろう。

イノベーション部門賞:ホンダ・クラリティPHEV

    トヨタのル・マン初制覇とホンダN-VANが日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞受賞!

 優れた技術を搭載したクルマに与えられるイノベーション部門賞は、ホンダ・クラリティPHEVが獲得した。ちなみに、昨年(2017-2018)のイノベーションは、トヨタ・プリウスPHVだったから、2年連続プラグインハイブリッド車が獲得したことになる。


エモーショナル部門賞:BMW X2

 エモーショナル部門賞を獲得したのは、「UNFOLLOW」をキャッチフレーズにしたニューモデル、BMW X2だ昨年のエモーショナル部門賞はレクサスLCが獲得している。


スモールモビリティ部門賞:ダイハツ・ミラ トコット

 優れたスモールモビリティに対して与えられるスモールモビリティ部門賞は、実質的には軽自動車オブ・ザ・イヤー。今年はダイハツ・ミラ トコットが獲得した。
 ちなみに昨年のスモールモビリティ部門賞は、ホンダN-BOX/N-BOXカスタムが獲得している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します