現在位置: carview! > ニュース > イベント > 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

ここから本文です
イベント 2018.12.2

20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産の技術を育てたラリー参戦

日産のモータースポーツ活動というと、歴代スカイラインを代表とするサーキットのイメージが強いが、じつは1950年代から1990年代まで「ラリー」にも積極的に参戦していた。その主戦場は、もっとも過酷と言われていたサファリラリーだった。そんな歴史を振り返る展示が、12月2日に静岡県の富士スピードウェイで開催されている「ニスモフェスティバル2018」で行われていた。20世紀を駆け抜けた日産のラリーカー8台をご覧いただきたい。

    タトラとシュコダを堪能する「チェコが生み出した傑作と悲しき運命」

ダットサン1000セダン富士(1958年オーストラリアラリー)

日産の国際モータースポーツの始まりは、1958年のオーストラリアラリーだ。これに参戦したのがダットサン1000セダン富士。わずか34馬力の988cc4気筒OHVエンジンで約1万6000kmのラリーに参戦したのだ。

ダットサン ブルーバード(1966年サファリラリー)

310型の初代ブルーバードでサファリラリーに挑戦したが完走はできなかった。その屈辱を晴らしたのが1966年より挑戦した2代目ブルーバードとなる410型。80馬力の1.3リットル直4OHVエンジンを搭載していた。フロントサスはダブルウィッシュボーン。当時のサファリラリーは全走行距離5000kmともの凄く過酷で、1966年は88台が参戦したが完走はわずか9台だった。総合5位、クラス優勝を果たす。

1970年には3代目となる510型ブルーバード(1600SSS)がサファリラリーに参戦。見事に総合優勝を果たす。その偉業は、石原裕次郎が主演した「栄光の5000キロ」と映画化されるほどだった。残念ながらニスモフェスティバルでは、このブルーバードは展示されていなかった。

ダットサン240Z(1971年サファリラリー)

日産は、サファリラリー2連覇を目指し、1969年に登場したS30型初代フェアレディZに2.4リットル直6エンジンを搭載した240Zを投入。240Zは、Zノーズと呼ばれる空力性能を高めたフロントノーズ(Cd値0.38と当時のスポーツカーとしては驚異的な数値だった)が有名でサーキットのイメージが強いが、じつはラリーで勝つためにL24型2.4リットル直6SOHCエンジンが作られたのだ。ラリーマシンの最高出力は210馬力、最大トルクは25.5kgmを発揮していた。

ダットサン ブルーバード 1800 SSS(1972年)

バイオレット(1978年サザンクロスラリー)



バイオレット(1982年サファリラリー)



シルビア240SX(1988年サファリラリー)

パルサーGTI-R(1991年アクロポリスラリー)

↓走行シーンは画像ギャラリーで公開↓

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します