現在位置: carview! > ニュース > イベント > F-2 戦闘機、もてぎで迫力のウエルカムフライト…SUPER GT 最終戦に2機

ここから本文です
イベント 2018.11.11

F-2 戦闘機、もてぎで迫力のウエルカムフライト…SUPER GT 最終戦に2機

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUPER GT第8戦が栃木県茂木町のツインリンクもてぎで開催され、11日、自衛隊のF-2戦闘機2機が迫力の歓迎フライトを披露した。

SUPER GTシリーズ最終戦を迎えたツインリンクもてぎは雲ひとつない快晴のもと開催された。昨年も自衛隊松島基地のF-2がウエルカムフライトを披露したが、昨年は1機でのウエルカムフライトだった。今年は2機に増えたことで、編隊によるフライトを披露し、多くの観客が上空をずっと見上げていた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

ツインリンクもてぎ上空では、2機編隊で進入しその後散開するツーセカンドピッチアウトの機動飛行を見せ、パイロットは自身の体重の8倍にもなる8Gという強烈なGに耐えながら、1周の急旋回を行うハイスピード360や、戦闘機としては非常にゆっくりで、SUPER GTのマシンがストレートを駆け抜ける速度とほぼ同じ約270km/hで旋回するロースピード360などを披露した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 雪岡直樹)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zzr*****|2018/11/12 16:09

    違反報告

    時間と空間と重力の関係を解き こららを上手く組み合わせること出来れば、
    高度文明異星人のUFOの推進力や瞬間移動の謎が解けると云われる。
  • zzr*****|2018/11/13 09:30

    違反報告

    数年前 ニビル星が横浜上空に現れた寒い早朝、その星の下に窓などない
    クルスタルホワイトの三角錐の物体が微動だもせずに浮いていたのはなぜだろう?
    その物体は ニビル星の光を反射し とても神秘的でした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します