現在位置: carview! > ニュース > イベント > 野球場に名車が大集合…クラシックカーフェスティバル in 北本きくまつり

ここから本文です
イベント 2018.11.10

野球場に名車が大集合…クラシックカーフェスティバル in 北本きくまつり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県北本市の北本総合公園野球場で11月10日、「クラシックカーフェスティバル in 北本きくまつり」が開かれ、往年の名車約160台が集まった。

例年、この時期に開かれている「北本きくまつり」に合わせて旧車が集まるイベントで、今回で10回目となった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「オール日本ライフクラシックカー倶楽部」と「日本旧軽車会」の協力。この2つの会長を務める吉崎勝さんは「2009年に50数台で始まって徐々に台数が増え、今回は160台が集まってくれました。10年連続で参加してくれた人も3人いらっしゃいます」と感慨深げ。

展示スペースは野球場の外野で、美しい天然芝が広がる。それぞれの旧車は広々としたスペースに余裕をもって並べられ、ギャラリーも見学しやすく、気持ちの良い会場だ。

今回の目玉は紅、白、ゴールドのトヨタ『2000GT』のそろい踏みだったが、諸事情で白が来られず。しかし、MG『J2ミジェット』(1932年)やモーガン『スリーホイラー』(1933年)といったビンテージカーを始め、フェラーリ『ディーノ』(1971年)、ロータス『ヨーロッパ・スペシャル』(1972年)などのスーパーカー、全長6m前後という巨大なオールズモビル『98』(1974年)やリンカーン『コンチネンタル』(1975年)など、見ごたえのある車がずらりと並んだ。

国産車も、観音開きドアの初代トヨペット『クラウン』(1957年)や、ヘッドライトが縦目の初代日産『セドリック』(1963年)、ワンオーナーカーのマツダ『サバンナGT』(1972年)や三菱『ランサー・セレステ』(1978年)、トヨタ『セリカ』(1973年)など、ふだんはめったに見ることができない車が展示された。

また、三菱『ミニカ』の最初期ピックアップ(1960年)や初期型のスズキ『ジムニー』(1971年)、マツダのオート三輪『T1500』(1973年)など、手荒く乗られがちで現存することの少ない、希少な車の姿もあった。

この日は”小春日和”というには日差しが強く、半そでになるオーナーたちもちらほら。きくまつりでのステージイベントや数々のご当地グルメ店など、会場となった北本総合公園は終日にぎわっていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 嶽宮 三郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します