現在位置: carview! > ニュース > イベント > SUPER GT 第8戦、自衛隊 F-2B 戦闘機が歓迎フライト予定

ここから本文です
イベント 2018.11.4

SUPER GT 第8戦、自衛隊 F-2B 戦闘機が歓迎フライト予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツインリンクもてぎで開催される「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」では、決勝日の11月11日のオープニングセレモニーで、航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」による歓迎フライトが実施される。

F-2Bは、米国のF-16を日本での運用や考え方、また地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し両国の共同で開発された戦闘機。1985年に「FS-X」として開発に着手、1995年に初飛行。その後、2000年度に開発が完了した。F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のための主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど先進の電子機器を採用している。サイズは、全長15.5m、全幅11.1m、全高5.0m。乗員は2名。最高速度はマッハ約2.0。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

F-2Bの歓迎フライトはツインリンクもてぎ レーシングコース上空にて、11時35分頃より、航空自衛隊松島基地第4航空団によって実施される予定だ。天候により中止となる場合もある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 松崎祐子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bla*****|2018/11/05 03:41

    違反報告

    なんで複座のF-2Bなんだろう?
    F-2って漠然と言うなら分かるけどわざわざBって・・
    書いてる人はわかってないのかな?
  • crx*****|2018/11/05 11:23

    違反報告

    練習機の編隊飛行よりズット良い。
    楽しみだ。
  • cvw*****|2018/11/04 21:02

    違反報告

    日本の防衛には、攻撃行為は無い。従って、レーダーに感知されても構わない。あくまで戦闘行為である以上、ステルス機能など不要。それより、島国だけに、機数は多い方が良いが、遠方に行くわけでもないので、空母は不要だ。各自衛隊基地に、多く配備すれば、高額でステルス機能のF35など、無駄。それをアメリカ大統領の前で言えない日本の首相は臆病者と感じる。戦車も不要と感じる中、日本は領空、領海の防衛を徹底すべき。領空侵犯、領海侵犯に対して、警告を無視するならば、戦闘行為に出るべき。でないと、日本は甘く見られるだけになってしまう。ましてやF35など、飾り物に過ぎなくなる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します