現在位置: carview! > ニュース > イベント > 300台の名車・旧車が教習所を埋め尽くす…クラシックカーフェスティバルinところざわ

ここから本文です
イベント 2018.10.22

300台の名車・旧車が教習所を埋め尽くす…クラシックカーフェスティバルinところざわ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県所沢市の「ところざわ自動車学校」で10月21日、「クラシックカーフェスティバルinところざわ」が開かれ、内外の名車・旧車合わせて約300台が集まった。

毎年この時期に催される恒例のイベントで、今年で22回目。主催するところざわ自動車学校の澤田福衛校長はクラシックカーコレクターとして知られ、地元「ところざわクラシックカークラブ」の会長も務めており、関連の車両などがふだんは教習コースとして使われている会場内を埋め尽くした。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

この日は各地でクラシックカー関連のイベントが行われて車両の分散があったものの、スワップミートを含めて約300台が集まるという、相変わらず規模の大きさ。エントリー規定は1979年以前に生産された2輪車・3輪・4輪車で、バラエティ豊かな旧車が並んだ。

圧巻だったのは、約100mの直線教習コースに展示されたアメ車。ホッドロットにカスタマイズした1928年製のフォード『モデルAセダン』や、派手なテールフィンなどが特徴のキャデラック『エルドラド』(1955)、7.4リッターのターボジェットV8エンジンを搭載したシボレー『モンテカルロ SS454』(1970)など、巨大でカラフルな車両が45台も並んだ。

国産車ではプリンス自動車の車両が充実。初代『スカイライン』(1961)や新車時から未再生の『クリッパー』(1968)、6気筒エンジンを搭載した『グロリア スーパー6』(1966)など、一時代を築いたものばかり。その造りの良さが伝わってきた。

また、『ギャランGTO』『ランサー』『ランサー セレステ』『FTO』などの三菱車、『べレットGTR』『117クーペ』などのいすゞ車、『360』『サンバー』などのスバル車など、系統だった展示も。日産『セドリック 430セダン』や『スカイライン』”ジャパン”をそれなりに改造した”西部警察軍団”なども注目を浴びていた。

昨年はあいにくの小雨の中の開催だったが、今年は快晴。恒例のオールディーズのバンド演奏や様々な屋台出展なども行われ、来場者たちは心地よい秋の1日を楽しんでいるようだった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 嶽宮 三郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zzr*****|2018/11/05 12:08

    違反報告

    この年代の車の排気ガスは 猛毒な亜硫酸ガスを垂れ流し。
    少量の吸い込みでも呼吸系を傷め、器官や肺細胞にダメージを与える猛毒ガス。
    微粒子が肺組織に入り込み、徐々に炎症を誘発し拡大。
    最終的には数年で肺癌、膀胱がんになる可能性は高い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します