現在位置: carview! > ニュース > イベント > 平成最後のトヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、バブル期を彩った名車が登場 11月17日

ここから本文です
イベント 2018.10.20

平成最後のトヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、バブル期を彩った名車が登場 11月17日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月17日に東京・明治神宮外苑で開催する。

12回目となる同イベントは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館の前をメイン会場とし、企画展示や走行披露のほか、一般参加のクラシックカー約100台による恒例の銀座中央通りを通過するパレードなど、多彩なプログラムを展開する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

今年の企画展示テーマは「Japanese Vintage Year 1989」。バブル経済の真っただ中にあった1980年代後半の日本では、各自動車メーカーが次々と新技術を採用し、高級サルーンやパーソナルクーペ、スポーツカーなどのジャンルで名車が誕生。平成最後となる今回は、スバル『レガシィ ツーリングワゴン』(1990年)、トヨタ『セルシオ』(1991年)、日産『スカイライン GT-R』(1989年)、ホンダ『NSX』(1990年)、ユーノス『ロードスター』(1989年)など、日本車のヴィンテージ・イヤーとも呼ばれた平成元年(1989年)に発表された車両を紹介する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/10/20 21:51

    違反報告

    平成も30年を経過してみたものの、今回の神宮外苑に登場する日本車のヴィンテージ・イヤーとも呼ばれた平成元年製のクルマたちを凌駕するようなクルマが、現行車種で果たして後世に残したい物がありますかねえ・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します