現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【東京モーターフェス2018】いまも注目される平成グルマと80年代バブルに思いっきり浸れ!

ここから本文です
イベント 2018.10.6

【東京モーターフェス2018】いまも注目される平成グルマと80年代バブルに思いっきり浸れ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各地で開催されるモーターショーとは、また違った雰囲気と熱さ。クルマ好きやカップル、親子たちを惹きつける、東京モーターフェス2018が10月6~8日の3日間にわたって繰り広げられている。

会場は、実物大ユニコーンガンダム立像の前。お台場第一特設会場、同第二特設会場、センタープロムナード(シンボルプロムナード公園)、MEGA WEB の4エリア。なかでも第一会場は、バブリーでゴージャス。そしてスペシャル。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

第一会場に入ると、「うわーっ懐かしい!」「これいまだにカッコいいよね」「ってかきれいに保存されてるなー」といった声が聞こえてくる。80~90年代に発売され、一世を風靡したクルマやバイクがずらりと並んだ「バック to the バブル!」エリアだ。

この「バック to the バブル!」エリアには、トヨタ『スープラ』(6000万台記念車)『セルシオ』『カリーナED』『クラウン』をはじめ、日産『セドリックシーマ タイプIIリミテッド』『シルビア Q's』『フェアレディZ 300ZX』(Tバールーフ 左ハンドル仕様)『スカイライン GT-R』『Be-1』『PAO キャンバストップ』、ホンダ『NSX』『プレリュード』『レジェンド』『ビート』、マツダ『ユーノスロードスター』、三菱『パジェロ』(1989年 初代ワイドフェンダー)、『ディアマンテ』『GTO』、スバル『レガシィ』『アルシオーネSVX』、ダイハツ『シャレード デ・トマソ』、いすゞ『ジェミニ』(4ドアセダン)などがずらっと並ぶ。

その横には、ボディコン姿のコスプレイヤーがこちらに微笑み、「どうぞ、いっしょに写真どうですかー」と。彼女たちと平成グルマといっしょに写真を撮れば、まさに80年代イケイケ時代にタイムスリップといった感じ。

また、第一会場には、あのピストン西沢も出没。ピストン西沢とさまざまなゲストによるトークセッションや、彼イチオシのクルマを紹介する「動くクルマ図鑑ステージ」などが次々と展開される。

さらに、バブル期を知る年代の心をわしづかみにしたのは、あの荻野目洋子とのバブリーダンスで一気に全国デビューをはたした登美丘高等学校ダンス部のOGたち。“ワンレンボディコン”にふんした彼女たちの、キレのあるダンスと、ドリフトユニット「チームオレンジ」のコラボレーションは、いままで誰も見たことがない、圧倒的パフォーマンス。

「まさに平成最後にふさわしいプログラム」と紹介されているこの「モーターダンシング feat.登美丘高校ダンス部OG」は、7日が12時台と14時台に、8日は12時台と15時台に行われる。また7日は、F1 Honda日本グランプリレース中継も行われるから、鈴鹿サーキットの雰囲気を東京・台場で体験してみてもいい。

登場するゲストも多彩。7日はDREAMS COME TRUEの中村正人が登場する「平成KINGS feat.中村正人」が、8日はEXILEのMAKIDAIが登壇し「平成KINGS feat. EXILE MAKIDAI」が行われ、それぞれがクルマや音楽をテーマにしたトークを展開する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 大野雅人)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rob*****|2018/10/07 11:38

    違反報告

    ハイテクという言葉があったが、
    この時期は特に、プラザ合意後の円高輸出対策としてとられた車の高性能化が著しかった。
    同時に円高不況対策の結果生じたバブルに見合う
    豊かな消費社会に向けた車の高品質・個性化が色を添えた。

    しかし、バブル崩壊。
    90年代の経済不安に翻弄され、車達もまた過酷な時期を過ごした。
    迷走を重ね、消滅、放置された。

    あれから30年。
    ここ数年にバブル期の後継車とおぼしき車も出たことは出た。
    だか、もはや庶民の手には届かない。
    しかも今は景気以上に社会構造そのものが変わった。
    雇用や所得が不安定ということもあり、若者は車に対してかつてのような夢を見ない。
    金銭にシビアな彼らは車を無駄だとさえ感じている。

    日本車に再びバブル期のようなビンテージイヤーはやってくるのだろうか?
    作る側と買う側、双方の人々が車に対して同じ夢を描いていたあの幸福な時代はまた訪れるのだろうか?

    訪れて欲しい、と願うしかない。
  • ej2*****|2018/10/08 10:53

    違反報告

    当時は高性能を目指してた。
    現代は多機能、低燃費だけが目標。
    だから今の車は面白くないと言われる
    と思う。
  • bur*****|2018/10/07 22:53

    違反報告

    Be-1!パオ!フィガロ!
    パイクカー3兄弟が揃ってて嬉しかった(フィガロはガリバーの出展だけど)
    自由にドア開けて座れる車もかなりあって、良いイベントでした。ジムニー担当のお兄さんは、納期聞かれまくってて可哀そうだったなぁ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します