現在位置: carview! > ニュース > イベント > 多摩丘陵に新旧のフォルクスワーゲンが集結…グリーンフィールド オータム フェスティバル

ここから本文です
イベント 2018.9.23

多摩丘陵に新旧のフォルクスワーゲンが集結…グリーンフィールド オータム フェスティバル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都町田市にある野津田公園で9月23日、「グリーンフィールドオータムフェスティバルwithフォルクスワーゲン東京町田」が行われ、約65台の新旧フォルクスワーゲンが集まった。

今年、市制60周年を迎えた同市が、2019年のラグビーワールドカップ日本大会や2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどの開催に向けて、市民活動や地域活動を盛り上げようとする取り組み「まちだ○(まる)ごと大作戦18-20」のイベントのひとつ。ディーラーのフォルクスワーゲン東京町田が協力した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

広大な敷地を持つ公園内では、陸上競技場内でのスポーツ体験コーナーを始め、豊かな緑に包まれてのアウトドアコーナー、町田産の食材を味わえる飲食物販コーナー、フリーマーケットなど盛りだくさんのコンテンツがあり、初秋の休日を大人から子供までが楽しんだ。

フォルクスワーゲンが集う「カーショー」では様々な年式、タイプの車両40台が展示された。最も多かったのは”ビートル” や”カブトムシ”の通称でも知られる「タイプ1」。その中で目立っていたのは、リアウインドウがまだ2分割だった”スプリット・ウインドウ”の1953年式の車両。こちらはエンジンを2180ccにスープアップしてローダウンするなど、ビンテージもののビートルを”キャルルック”にカスタマイズした異色の個体だった。

珍しかったのは、1958年式の『BINZクルーキャブ』。いわゆる”ワーゲンバス”と呼ばれる「タイプ2」をベースにドイツのコーチビルダー「BINZ」社が製造したもので、日本に1台しかないともいわれる超レアな車両だ。

異彩を放っていたのは、1942年製造の『キューベルワーゲン』。第2次大戦中にドイツ軍で使用されていた小型軍事車両で、レプリカはあちこちのイベントで見かけるがこれは本物。内外装ともに往時の姿を留(とど)めていた。

また、町田市役所に今年から展示して話題となっている1966年製のタイプ2も石阪丈一市長を乗せて登場。内外装やエンジンはレストアされてピカピカ。丸いヘッドライトに白と赤のツートンカラーが愛らしく、ちびっこたちの人気となっていた。

この日は芝生広場で「フォルクスワーゲンキャンプ」も実施。ワーゲンバスを中心に、各自テントやタープを張るなどしてのんびりとした1日を過ごしていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 嶽宮 三郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cal*****|2018/09/24 05:37

    違反報告

    出展の皆様は皆さん高額納税者の方々です、趣味で所有し雨の日は乗らず週末にだけ乗る方々がほとんどです、古い車は排ガスが理由で増税してるようですがこの様な趣味の車が年間何キロ走るのでしょうか?環境どうこう言うのであれば廃車にせずゴミを出さない訳ですから感謝するくらいの対象ではないでしょうか?海外ではビンテージカーは減税されてる様だしメルセデスベンツは10年20年オーナーや10万キロ20万キロ走行車両に対し毎回オーナーに感謝の賞状と記念メダルが送られてます。
    この様な取りやすいところから取る、新車を買わせようとする不公平な税制をやめて頂きたい。
  • kou*****|2018/09/25 01:26

    違反報告

    経年劣化した車を整備もせず乗ってるやつ多かったからしかたない
    最新の排ガス 安全基準満たした車が優遇されるのは当然 

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します