現在位置: carview! > ニュース > イベント > 秋の旧車イベントシーズンが始まる…第1回 佐野遠藤食品 昭和、平成のクラシックカーフェスティバル

ここから本文です
イベント 2018.9.2

秋の旧車イベントシーズンが始まる…第1回 佐野遠藤食品 昭和、平成のクラシックカーフェスティバル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県佐野市にある遠藤食品で9月2日、「昭和、平成のクラシックカーフェスティバル」が開かれ、同社の工場敷地や駐車場に往年の名車約185台が集まった。

この会場は以前数回、「NOS缶コーヒーブレイク」(ノスタルジックヒーロー&ハチマルヒーロー編集部主催)が開催された場所で、今回から改めて「オール日本ライフクラシックカー倶楽部」(吉崎勝会長)の運営でヒストリックカーのイベントを開くことになったもの。開会の午前10時頃には心配された雨も上がり、来場者が次々と詰めかけた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

参加資格は、昭和21年(1946)から平成11年(1999)までに生産された、国産、外国製の2輪車、サイドカー、3輪車、4輪車、ミニカー。このうち、トヨタ『2000GT』や日産『スカイラインGT-R』、『フェアレディ』、スバル『360』、日野『コンテッサ』、マツダ『サバンナRX-7』など32台がパレードランに参加。佐野警察のパトカーの先導で約6kmを走り、ドライバーたちが沿道の市民らに手を振った。

イベントの半ば、佐野ブランドキャラクターの「さのまる」も登場。あっという間にちびっ子たちの輪ができた。じゃんけん大会も開かれ、旧車の各オーナーたちが参加してレトロな商品を各自手に入れるなど、大いに盛り上がった。

遠藤食品は旧車イベントに理解があり、積極的に敷地を提供。会場内には同社の主力製品であるショウガなどの漬物販売コーナーを設け、こちらも多くの来場者でにぎわっていた。岡部正英市長や市会議員も駆け付けてあいさつをするなど、このイベントを後押し。吉崎会長も「定例化して来年はもっと大規模にやりたい」と意気込んでいた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 嶽宮 三郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します