現在位置: carview! > ニュース > イベント > トヨタ夢のクルマアートコンテスト、入賞作決定…金賞はインドネシアやポーランドの子どもたち

ここから本文です
イベント 2018.8.29

トヨタ夢のクルマアートコンテスト、入賞作決定…金賞はインドネシアやポーランドの子どもたち

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は8月29日、「第12回 夢のクルマアートコンテスト」の表彰式をMEGA WEBで開催。インドネシアやポーランド、ラオスの子どもたちの作品が各部門の金賞に選ばれた。

トヨタ夢のクルマアートコンテストは、夢を持つことの楽しさや大切さを感じてもらうとともに、多くの子どもたちにクルマファンになってもらう機会を創出することを目的として2004年より実施。12回となる今年度は世界76の国と地域から約65万の作品が集まった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

昨年10月から今年3月にかけて世界各国で「ナショナルコンテスト」を開催し、その優秀作品を4月に日本で開催した「ワールドコンテスト」で審査。審査委員長の豊田章男社長のもと、美術・自動車専門家の外部有識者が審査し入賞作を決定した。

審査の結果、金賞に選ばれたのは、7歳以下の部がインドネシアのシロン マルガレット アングリスカさん(7歳)の「アルファベット・カー」。この作品ではアルファベットの形をしたクルマが描かれており、インドネシアのみんなが字を読めるようにと願いを込めたという。また同作品はトヨタの「クルマづくり」にインスピレーションを与えた作品に贈る「夢のクルマ技術賞」も同時受賞し、「動く模型」として再現。AからZまでのアルファベット26文字全てのクルマを制作し、自由に並び替えて好きな単語を作ることができる。

8歳~11歳の部は、孔雀のカタチをした移動式ガーデンのクルマを描いた、ポーランドのガイエフスカ ズザンナ リラさん(11歳)の「クジャクのガーデン」が受賞。12歳~15歳の部は、昔の建築物や絵を復元できるクルマを描いた「建築と歴史のクルマ」が選ばれた。

さらに豊田社長賞には、農場で働く障がいを持ったお父さんたちのためのクルマを描いた、イラクのメイアール ラビ ファイス エル アジさん(7歳)の作品「障がいを持った農家の人のためのクルマ」が選ばれた。豊田章男社長は同作品について、「大切な家族、お父さんの生活をもっと良くしたいという想いがこもった作品だ。また、わたしたちトヨタの“モビリティ”を通じて世界中のすべての人がもっと自由に動ける世の中にしたい、という想いがこの絵から伝わってきた」とコメントしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します