現在位置: carview! > ニュース > イベント > ホンダ レジェンド の半生をクールに、あれ!? 3代目は…オートモビルカウンシル2018

ここから本文です
イベント 2018.8.3

ホンダ レジェンド の半生をクールに、あれ!? 3代目は…オートモビルカウンシル2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダのテーマはずばり「LEGEND History」。時代を超えたリッチなクルマたちが集まるこの空間に、自社ハイクラスモデルの歴史を実車とともに展開。初代から5代目までを、クールな色調の空間に置いて展示。「いま見ても美しい」といった来場者の声もあった。(オートモビルカウンシル2018)

1985年登場の初代は、「第一級のポテンシャルと、人間感覚をつつみ込んだ快適さの実現」。国産車初の運転席用SRSエアバッグシステムや、世界初のFF車用トラクションコントロールシステムが話題を呼んだモデル。

    レジェンドが改良。見た目のハンデを凌ぐNSXと血縁関係の非凡な走りが武器

来場者が「いま見ても美しい」ともらしていたのは、1990年登場の2代目。国産車初助手席SRSエアバッグや、3.2リットルV6エンジンをFFミッドシップに置くという革新的なパワートレインが話題に。

ここで3代目は……と探すと、その姿がない。「人間の五感を基準にした、Hondaの新しい高級車づくり」という1996年登場のモデルがいない。スタッフに聞けば、「スペースの関係上、3代目が置けなかった」と。「ツインリンクもてぎに常時、展示してあるから、MotoGP開催時期にあわせてぜひ見に行ってみて」とも話していた。

そして、世界初の四輪駆動力自在制御システム「SH-AWD」や、世界初のインテリジェントナイトビジョンシステム、国産車初の300馬力オーバーエンジンで話題になった4代目(2004年~)、さらに現行の5代目(2014年~)へと続く。

ホンダブースでは、こうしたレジェンドの半生のほか、大型二輪クラスの『ゴールドウィング(GL1800)』『ゴールドウィング(GL1500)』なども展示。解説ボードには「誇り高きキング・オブ・グランドツアラー」や、「四輪車感覚の極めて豪華な装備がもたらす快適さ」といったキャッチコピーが載っていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 大野雅人)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dmr*****|2018/08/03 15:25

    違反報告

    2代目はセダン、クーペともに3.2リッターV6でしたが・・・
  • mar*****|2018/08/04 14:25

    違反報告

    昔のレジェンド2ドアハードトップはめちゃくちゃ格好良かった。3ナンバー専用ボディーのビックカーで室内のデザインも天童木工やなめし革のシートなんかでハイセンスだった。自分の親が購入して、私自身はMZ20んのソアラ乗っていたけど2台並べると大きさも違えば車格もレジェンドが全然上だった。確かアンチロックBやエアバックも国産初はレジェンドだった気がする。ハリウッドに行ったときに通ったビバリーヒルズの高級住宅街でも結構当時見かけた
  • kat*****|2018/08/03 19:37

    違反報告

    バイクを2台置いちゃったからですね…(。-ω-)。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します