現在位置: carview! > ニュース > イベント > 群馬自動車大学校でクラシックカーフェスティバル開催…猛暑日に280台

ここから本文です
イベント 2018.7.14

群馬自動車大学校でクラシックカーフェスティバル開催…猛暑日に280台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県伊勢崎市の群馬自動車大学校で7月14日、「昭和平成のクラシックカーフェスティバル」が行われ、炎天下にもかかわらず大勢の人出でにぎわった。

毎年同校で行われている、オープンキャンパスを兼ねたモーターショーに合わせての開催で、今年が初めての試み。「ジャパン・オールド・スモール・カー・クラブ」の吉崎勝会長を中心に、全日本ダットサン会や埼玉クラシックカークラブ、宇都宮クラシックカークラブなどの旧車会の協力で実現した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

エントリーは300台を超え、そのうちこの日は約280台が集まった。35度を超える猛暑日にこれだけの数の古い車が集結したことに頭が下がる。積載車に載せて来た車両もあったが、エアコンのない車両やオープンカーなども続々とやってきた。

参加資格は1946年から1999年までに生産された、内外の2、3、4輪車と幅広く、普通車、軽自動車からミニカーやサイドカーまで、バラエティに富んだ車両が並んだ。

スバル『360』、ダイハツ『フェロー』、スズキ『フロンテ』といった白ナンバーの小さな軽自動車に、フェラーリ『テスタロッサ』、ランボルギーニ『ディアブロ』などのスーパーカーとの対比が面白い。トヨタ『スタウト』やダイハツの3輪トラック、おなじみの日産『スカイラインGT-R』や『フェアレディZ』、トヨタ『2000GT』も参加して、オープンキャンパスに訪れた高校生たちも興味深そうに見学していた。

また、外観はかなりヤレているものの今も毎日約30kmの通勤に使用しているというスバル『レオーネ1800RX』や、新車購入から今年で51年目というプリンス時代の「スカイライン1500」など、地味ながら実は希少な個体の姿もあった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 嶽宮 三郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します