現在位置: carview! > ニュース > イベント > マツダ、ファミリアからアクセラに続くコンパクトハッチの歴史を紹介予定…オートモビルカウンシル2018

ここから本文です
イベント 2018.7.8

マツダ、ファミリアからアクセラに続くコンパクトハッチの歴史を紹介予定…オートモビルカウンシル2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは、8月3日から5日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2018」の出展内容を発表した。

オートモビルカウンシルは、「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに、日本車メーカー・輸入車インポーターとヘリテージカー販売店などが出展し、往年の名車と最新モデルが一堂に展示される、それまで日本になかったスタイルのイベント。過去から現代に至る歴史(ヘリテージ)にスポットライトを当て、各々のブランド固有のフィロソフィ・魅力を発信し、日本の自動車文化の創生を図ることが狙いだ。

マツダの出展テーマは「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」。『ファミリア』から始まり『アクセラ』に続いているコンパクトハッチバックは、常にその時代のマツダの思想を反映し、最新の技術を投入してきたマツダの中核車種だ。

マツダブースでは、一世を風靡した赤いXGこと5代目「ファミリア」、ラリー・モンテカルロに出場した「323 4WD ラリーカー(6代目ファミリア)」、「ランティス」、「マツダスピード・アクセラ」、昨年公開したばかりの「マツダ 魁 コンセプト」などを展示。それぞれの車に込められたマツダの想いや、搭載された革新的な技術を、マツダ社員自らが来場者に直接紹介する。

さらにファミリアからアクセラにかけてのデザインを手掛けてきた初代アクセラチーフデザイナーの鈴木英樹氏と、初代アクセラのデザインにもたずさわったマツダ 魁コンセプトチーフデザイナーの土田康剛氏によるコンパクトハッチバック師弟デザイナーのスペシャルトークショーを会期中実施する予定だ。

オートモビルカウンシルの前売りチケットは大人2300円でローソンチケットにて発売中。小中高校生は当日チケットのみで1500円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します