現在位置: carview! > ニュース > イベント > はたらく自動車も集結! トヨタ博物館「ト博 夏フェス!2018」開催

ここから本文です
イベント 2018.6.29

はたらく自動車も集結! トヨタ博物館「ト博 夏フェス!2018」開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館では、7月14日(土)から9月30日(日)まで、夏の全館イベント「ト博 夏フェス!2018」を開催する。

館全体を「自動車文化体験の場」とした大人も子どもも楽しめるイベントとし、「企画展」「キッズ!クルマワンダーランド」「屋外展示・実演」「学ぼう!作ろう!キッズ ラボ」の4本柱構成となっている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

企画展は『クルマの「魅力」再発見!』をテーマに、夏にふさわしいオープンカーを9台展示。タイプの異なるオープンカーを5つのグループに分け、イラスト背景と共にオープンカーの楽しさを訴求、またオープンカーの歴史も紐解きながら、クルマへの興味を喚起する。

「キッズ!クルマワンダーランド」では、子どもたちに大人気のパトカー、救急車、軽ポンプ車など5台の「はたらく自動車展示」や大人も楽しめるぬり絵、子ども向けのワークブック配布等を実施。屋外展示・実演は『フィールドパフォーマンス「すご技実感!」』をテーマに、かにクレーン&ショベルカーの実演や昨年大好評だった陸上自衛隊災害派遣車両&装備展など、さらに内容を充実させて実施する。「学ぼう!作ろう!キッズ ラボ」では、水素燃料電池教室や工作・実験教室を通じて、子どもたちのクルマへの関心喚起、社会課題への意識醸成を主な狙いとしている。好評のウッドカー・チャレンジでは木に触れながら環境意識を育み、今年初の試みとして生きた虫を観察しながら「夏の虫たちの図鑑つくり」を行うなど、環境をテーマとした内容を充実させた。ライブラリーでは、図書を使ってクルマの面白さを引き出すワークショップを行う。

今回の「ト博 夏フェス!2018」でも、自動車の紹介だけではなく、トヨタ自動車が取り組んでいる交通安全や環境問題等に向けた社会貢献活動の活動も紹介しながら、自動車文化を発信していく。7月14日(土)から9月2日(日)は小学生の入館が無料なので、チャンスがあれば足を運んでみたいところだ。

■「ト博 夏フェス!2018」の開催概要

・期間:7月14日(土)~9月30日(日)
・場所:トヨタ博物館
新館2階 企画展示ゾーン(主会場)、新館ホール、屋外(P2駐車場)





■トヨタ博物館のご案内

・所在地:愛知県長久手市横道41-100
(名古屋瀬戸道路・長久手ICより西へ400m グリーンロード沿い)
TEL : 0561-63-5151/FAX : 0561-63-5159
・ホームページ:http://www.toyota.co.jp/Museum/
・開館時間:9:30~17:00(入館受付は16:30まで)
・休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
※7/16 (月・祝)、8/13(月)、9/17・24(月・祝) 開館
・入館料:大人1000円/シルバー(65歳以上)500円/中高生600円/小学生400円
団体割引あり(新館1階、3階ライブラリー無料ゾーン)

トヨタ博物館 公式サイト

トヨタ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します