現在位置:carview! > ニュース > イベント > 初代マツダ RX-7、希少なグループBラリーカーがオークションに…生産台数7台

ここから本文です
イベント 2017.8.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車オークション大手のRMサザビーズが9月6日、英国ロンドンで開催するオークションに、マツダの希少なラリーカーを出品する。

このラリーカーは、マツダの初代『RX-7』(『サバンナRX-7』)をベースに開発されたマツダ『RX-7 Evo グループBワークス』。「グループB」とは、当時のモータースポーツのカテゴリーで、市販車として公認された車両をベースに、大幅な改造を施したマシンで参戦可能。グループB車両による WRC(世界ラリー選手権)は、1982~1986年に開催された。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く