サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 視覚障がい者のアクセシビリティと生活の質向上を目指す「一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立

ここから本文です

視覚障がい者のアクセシビリティと生活の質向上を目指す「一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立

視覚障がい者のアクセシビリティと生活の質向上を目指す「一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立

 アルプスアルパイン株式会社、オムロン株式会社、清水建設株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、三菱自動車工業株式会社の5社は、「一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立した。

 当コンソーシアムは、視覚障がい者の実社会におけるアクセシビリティと生活の質向上を目的に、AIを活用した移動やコミュニケーション支援のための統合技術ソリューション「AIスーツケース」の開発と、実証実験およびデモンストレーションを実施する。

【Believe ニュース】最新の福祉車両や福祉にまつわるホットな情報をお届け!

 このAIスーツケースは、視覚障がい者が日常生活において無理なく携行できることに着目したスーツケース型ナビゲーションロボット。実証実験を通して社会実装に必要な要件を特定し、視覚障がい者の移動とコミュニケーションの課題を解決するソリューションの実現を目指していくという。

 

視覚障がい者のアクセシビリティと生活の質向上を目指す「一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します