サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ダカールラリー】タイヤ交換が早すぎて発覚? シートベルトの装着違反でアル-アティヤに5分ペナルティ

ここから本文です

 2022年のダカールラリーは競技10日目のステージ9までが終了した時点で、4輪クラスはトヨタのナッサー・アル-アティヤが総合首位に立っている。しかし、彼にはシートベルトの装着義務違反があったとして、5分のタイム加算ペナルティが科せられた。

 アル-アティヤは依然として総合首位を維持しているが、総合2番手のセバスチャン・ローブ(BXR)に対するリードは39分5秒から、34分5秒に減ることになった。

■ダカールラリー10日目:トヨタ勢が速さ見せ、ド・ヴィリエールがステージ優勝

 違反自体は、ステージ8で発生。アル-アティヤは違反から24時間以上が経過した後にペナルティを受けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ